をダウンロード RE305 V4

ハードウェアのバージョンを選択してください。:

V4

>ハードウェアバージョンとは?どこで確認できますか?

重要:モデルとハードウェアのバージョンの可用性は地域によって異なります。製品の可用性を確認するにはTP-Linkの地域毎のウェブサイトを参照してください。
マニュアル

セットアップビデオ

  • How to Set up TP-Link Range Extenders RE205 & RE305 via WPS

    Learn how to install and set up the TP-Link WiFi Range Extender RE205 & RE305 via the WPS button. For more information on TP-Link WiFi Range Extenders, visit: https://bit.ly/2TDJ5WI Applicable Models: RE205 V3 and later versions RE305 V3 and later versions

    詳細はこちら

  • TP-Link 中継器の設定方法

FAQs(よくあるご質問)

ファームウェア

ファームウェアアップデートにより、過去のバージョンと比較しパフォーマンス向上や不具合等が修正される可能性がございます。

アップグレードの際に

注意: アップグレードエラーを防ぐために、アップグレードして頂く前にご覧ください。

  • お使いの機器のハードウェアバージョンをファームウェアバージョンを確認してください。
    異なるファームウェアアップグレードをされますと、機器に不具合や異常を与える可能性があります。( 通常は V1.x=V1)
    ※また保証対象外にもなります。 お住いの地域以外の選択はお勧めできません。
      こちらをクリックしお住いの地域を選択し、適切なファームウェアバージョンをダウンロードしてください。
    ( 例 EUとUSのファームウェアは異なるハードウェアバージョンです)
  • アップグレード中は電源を切らないでください。
    もし電源を切ってしまった場合、製品が永続的に不具合や異常が生じてしまう可能性がございます。
  • ファームアップグレードをワイヤレス接続経由で行わないでください。※TP-LINK製品がワイヤレス機能のみしか無い場合を除いて
  • 全てのインターネット接続されているアプリケーションを停止して頂くか、インターネット回線に接続されている端末をアップグレード前に切断して頂くことを推奨いたします。
  • WinZIPやWinRAR等の解凍ソフトウェアを使用し、アップグレード前にダウンロードされたファイルを解凍してください。

RE305(JP)_V4_210602

ダウンロード
公開日: 2021-07-19 言語: 多言語 ファイル サイズ: 2.91 MB

リリースノート:
1. 異常なパケットを受信すると再起動してしまう問題を修正しました。
2. WPSに関連する問題を修正しました。
3. LAN IPが変わると稀にクラウドサーバーに接続出来なくなる問題を修正しました。
4. OneMeshに関連する問題を修正しました。
5. WPSのメカニズムを修正しました。

RE305(JP)_V4_210309

ダウンロード
公開日: 2021-04-02 言語: 多言語 ファイル サイズ: 2.96 MB

リリースノート:
1. WPSのパフォーマンスを最適化しました。
2. 安定性が向上しました。

注意: RE305(JP) 4.0専用

RE305(JP)_V4_210129

ダウンロード
公開日: 2021-03-25 言語: 多言語 ファイル サイズ: 2.96 MB

リリースノート:
1. パフォーマンスが向上しました。
2. Tetherアプリ上でファームウェアのアップグレードに成功していてもアップグレード失敗と表示される問題を修正しました。
3. NTPクライアントの時刻同期では、無作為なソースポートを使用してUDPメッセージを送信します。

注意: RE305 4.0専用

サードパーティー製のファームウェアをTP-Link製品で使用して頂く際に、ご覧ください。

いくつかのTP-LINKの公式ファームウェアはサードパーティーファームウェア(DD-WRT等)に置き換えることが出来ますが、TP-Linkは非公式ファームウェアのメンテナンスやサポートは致しません。またサードパーティー製のファームウェアのパフォーマンスや安定性の保証は致しません。 サードパーティー製のファームウェアを使用して製品に万が一不具合等が生じしてしまった場合、保証対象外になり、弊社はその責任を一切負わないものとします。

プログラマーの方へ オープンソースコード(GPL)

こちらは主にプログラマーの方への情報であり、大多数のTP-Linkホームユーザーには必要ございません。

一部のTP-LINKのソフトウェアコードはサードパーティーのコードを含みます。 GNU General Public Licence(“GPL“)のソフトウェアのタイトル、Version 1/Version 2/Version 3、またはGNU Lesser General Public License("LGPL")等("LGPL"). それぞれのGPLライセンス規約下において、各ソフトウェアをご利用できます。

GPL licence規約の印刷、閲覧、ダウンロードはこちらからできます。 ダイレクトダウンロードや情報詳細のために、TP-LINK製品で使用されているGPLソースコードを受理することになります、 ※TP-LINKソフトウェアGPLソフトウェアコード(GPLコードセンター下)を含む  GPL Code Center.

この配布されたプログラムは保証がございません。 商業可能性の保証や特定目的への適合性は、言外に示されたものも 含め、全く存在しません。詳しくはGNU 一般公衆利用許諾書をご覧ください。 個々のGNUライセンスをご覧ください。

エミュレータ

ファームウェア バージョン
動作モード
言語
200911 (JP)
-
多言語

注:

1. このエミュレーターは、TP-Link 製品ファームウェアのWebUIを確認できる仮想 Web GUI です。個々の製品の機能や仕様の詳細については、検索機能を使用するか、製品ページを参照してください。エミュレータに存在する機能が、実機に備わっているとは限りません。

2. ファームウェア バージョンがエミュレーターのインターフェイスに表示されているバージョンと一致することを確認してくだださい。各ファームウェア バージョンには、特有の GUI および機能があります。

3. すべてのファームウェア バージョンをエミュレーターで使用できるわけではありません。

4.ログイン用IDとパスワードを求められる場合は、共に「admin」と入力してください。

5.エミュレーターで行った操作は、実際の製品には反映されません。エミュレーターは、製品の設定画面を模したものです。

ここでルーターや中継器の設定はできません。

T2700G-28TQ License Download
License Model: T2700G-28TQ-L1000

Find your product MAC and Serial Number.
License Key:
Product Serial Number:
Product MAC:
Checking code:

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。