OneMesh対応中継器の設定方法 (WPSボタン)

設定ガイド
更新済み03-16-2020 08:23:12 AM 23189
対象製品: 

この記事ではRE300を例にWPSボタンを使用したOneMesh対応中継器の設定方法をご紹介します。

1. 中継器をルーターのそばに設置をし、Power LEDが点灯するまで待ちます。

注意: 中継器を逆さまに設置するのは避けてください。

注意: OneMeshを使用する場合は、ルーターの動作モードはルーターモードに設定してください。

2. OneMesh対応ルーターのWPSボタンを押し、2分以内に中継器側のWPSボタンを押します。

 

3. signal LEDが点滅から点灯に変われば接続完了です。

 

注意: LEDが点灯しない場合はもう一度行うか、OneMesh対応中継器の設定方法 (Tetherアプリ)OneMesh対応中継器の設定方法 (ウェブブラウザ)をお試しください。

 

 

4. OneMesh対応ルーターに中継器が接続すると、ルーターのWi-Fi設定を自動的にコピーします。OneMeshについてはこちらをご覧ください。

 

注意: ルーター側のススマートコネクトを有効にしておくと、ルーター中継器間に加えて、2.4GHzと5GHzも同じSSID(Wi-Fiの名前)に統一されるので、より便利なメッシュネットワークが構築できます。スマートコネクトを有効にすると、2.4GHzと5GHzのSSIDとパスワードが同じになります。

5. Wi-Fiの範囲を最大限拡大できそうな場所に設置をします。

1). 中継器をルーターとWi-Fiが届かない場所の中間地点に設置をします。

2).Signal LEDが白く点灯するまで2分ほど待ちます。もし点灯しない場合はもう少しルーターに近い位置に変更してください。

ヒント: 近くに電子レンジやテレビ、Bluetooth機器があると電波干渉を引き起こす可能性があるので、ルーターや中継器はそれらと離れた位置に設置をしてください。

 

OneMeshネットワークが構築できたかを確認するには:

 

設定完了後にOneMesh対応ルーターの管理画面を開き、基本 > OneMesh(ワンメッシュ)でご確認ください。

 

 

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

Check products and services for your region.