802.11ax

第6世代のWi-Fiがやってきました

Wi-Fi 6は、 混雑した電波環境でも
快適に利用できるように設計されました。

Wi-Fi 6(11ax)とは

Wi-Fi 6は新世代のWi-Fiテクノロジーで、AX Wi-Fiや802.11axとも呼ばれています。Wi-Fi 6の大きな特徴はより高速になった通信速度とより多くの端末との通信が可能になった点です。VRや4Kの動画など大容量の通信が必要な端末があったり、IoT機器等が大量にWi-Fi接続されている場合はWi-Fi 6に対応したルーターは最善の選択肢となり得るでしょう。このページではなぜWi-Fi 6がこれほど高速で高容量の通信が可能についての紹介をいたします。

最大9.6Gbpsの圧倒的なスピード

4Kストリーミングも余裕です
802.11ax 1024-QAM  4倍のシンボル時間  160 MHz チャンネル 9.6 Gbps
802.11ac 256-QAM 6.9 Gbps

Wi-Fi 6は1024QAMと160MHzのチャンネル幅に対応しており、1024QAMはより多くのデータを1度に送ることができ、160MHzの広いチャンネル幅はより多くのチャンネルを束ねてより高速での通信を可能にします。この2つの技術により高速通信が必要なVRや4Kはもちろん今後普及が期待される8Kなどでもスムーズに利用が可能になります。

4倍の容量でより多くの端末と接続可能

オフィスやゲスト用のWi-Fi等に最適
802.11ax 8x8 UL/DL MU-MIMO  OFDMA  BSS Color 4X
802.11ac MU-MIMO

Wi-Fi 6は 8x8 アップリンク/ダウンリンク MU-MIMOとOFDMAとBSS Colorに対応しています。これにより最大4倍の容量を確保しより多くの端末の接続を可能にします。オフィスや飲食店などはもちろん、IoT機器を大量に設置したスマートホームでもネットワークの混雑を感じることなくインターネットへの接続を可能にします。

PHY データ
サブキャリア数
コーディング
レート
Bits/シンボル OFDMシンボルあたりの
時間 (0.4μs GI)
  1SS 4SS 8SS
802.11ac 234 (80 MHz) × 5/6 × log2(256) ÷ 3.6 µs = 433.3 Mbps 1.74 Gbps NA
802.11ax 1960 (160 MHz) × 5/6 × log2(1024) ÷ 13.6 µs = 1.2 Gbps 4.8 Gbps 9.6 Gbps
 
圧倒的なスピード
 
より向上した効率性

1024-QAMで一度に

より多くのデータを

256-QAMと比べて25%高速

1024-QAMでは、各シンボルは8ビットではなく10ビットを伝送し、802.11ac 256-QAMと比較して元の速度を25%向上させます。 Netflixの4KやYoutubeでゲームの配信などもよりスムーズに行えます。

bits/シンボル
bits/シンボル
速度が向上
Frequency f
Frequency f
11ac: 3.6 μsに256のサブキャリア (0.4 μs GI)
11ax: 13.6 μsに1024のサブキャリア (0.8 μs GI)
  802.11ac 802.11ax
データサブキャリア数 234 980
シンボル長(μs) 3.6 (3.2 symbol + 0.4 GI) 13.6 (12.8 symbol + 0.8 GI)
有効データサブキャリアレート 65 72.05882
改善   1.108597
* 各シンボル80MHz

より安定して高速に

4倍のOFDMシンボル長

OFDMは、データ送信のシンボルです。データを細かなサブキャリアに分割することで安定性の向上と、より広い範囲でのWi-Fi接続を可能にします。AX Wi-Fiでは4倍の長さのOFDMシンボルによって4倍のサブキャリアを作り出します。そのため、Wi-Fi 6の長いOFDMシンボルはWi-Fiの飛距離を広げ、速度も11%向上させます。Wi-Fi 6のルーターがあれば家じゅうどこでも高速のWi-Fiであらゆるエンターテインメントを楽しむことができます。

チャンネル幅が広がり、チャンネルがより広く

160MHzのチャンネル幅

Wi-Fi 6ではチャンネル幅が80MHzから160MHzへ倍増しました。これによりルーターと各端末との通信がより高速になり、8Kの動画や大きなファイルのダウンロードやアップロードなども途切れることなく楽しむことができます。

80MHz

効率性を向上させるOFDMA

遅延を感じさせません

Wi-Fi 6規格の大きな魅力であるOFDMAは効率性の向上に寄与します。Wi-Fiをルーターから各端末までデータを運ぶトラックに例えると、802.11acまでは1台の輸送トラックが1つの宛先のみに荷物を運ぶだけでしたが、OFDMAによって効率化され各輸送トラックが一度に複数の宛先に荷物の配送ができるようになりました。この効率的な通信はダウンロードとアップロード共に適用されるので全体の効率性が格段に向上しています。

以下の図はアンテナ1本での動作シナリオを表しています。
  • 待機
    端末2
    待機
    送信されるデータ

    802.11ac | OFDMAなし

  • 端末1
    端末2
    端末3
    送信されるデータ

    802.11ax | OFDMA

より多くの端末と

同時に接続

 8 x 8 MU-MIMOに対応

802.11acでも使用されていたMU-MIMOでも複数の端末の接続時にも品質を落とすことなく通信が可能でしたが、Wi-Fi 6の8 x 8 MU-MIMOではより多くの端末の同時通信が可能になり、加えて802.11acではダウンロードのみMU-MIMOに対応していたのですが、Wi-Fi 6ではアップロードもMU-MIMOに対応しました。これによりストリーミング・ファイルのダウンロード・P2P・オンラインゲームなどでより多くの帯域を使用することができるようになりました。

近所との電波干渉を軽減

 BSS ColorがWi-Fiの干渉を低減

近所から飛んでくるWi-Fiがあなたの家のWi-Fiと干渉を起こす場合があります。 BSS(Base Service Station)Colorは、識別子として各フレームをマークし、既存のフレームが脆弱性のしきい値を下回っている限り、隣接するネットワークからのフレームを無視して無視し、不要な速度低下を防ぐことができます。 近隣からのWi-Fi干渉を最小限に抑えます。

無線干渉が発生
クライアント
クライアント
BSS Colorなし
無線干渉を低減
クライアント
クライアント
BSS Colorがあれば...
受信中
スリープ
スリープ
待機中
待機中
受信中

接続端末の

消費電力を削減

Target Wake Time(TWT)機能が、クライアント端末がデータを送信または受信するためにいつ、どのくらいの頻度で起動するかを調整します。これにより、デバイスのスリープ時間が増え、モバイルおよびIoTデバイスのバッテリ寿命が大幅に向上します。