TP-Link無線LANルーターの管理画面にログインするには

User Application Requirement
Updated 04-18-2019 07:57:04 AM
対象製品: 
TL-WR941ND
 
TP-Linkルーターの管理画面は、ルーターに内蔵されている為インターネットアクセスを必要とません。 ただし、PCやスマートフォンをTP-Linkルーターに接続(有線かWi-Fiで)する必要があります。  
 
ルーターのワイヤレス設定を変更する場合や、ファームウェアバージョンをアップグレードする場合は、有線接続を使用することを強くお勧めします。
 
ステップ 1
 

ルーターにPCやスマートフォンを接続する (有線またはWi-Fi)

ステップ1a:  Wi-Fiの場合は、TP-LinkルーターのWi-Fiに接続します。PCやスマートフォンのWi-Fi接続画面でTP-LinkルーターのWi-Fi(工場出荷時ではTP-LINK_xxxx)を探し、8桁の数字で構成されたワイヤレスパスワード(工場出荷時のパスワードはルーターの底や裏面のラベルに印刷されています)と接続します。

ステップ1b: 有線の場合、LANケーブルをTP-Linkルータの背面にある4つの黄色のLANポートのいずれかに接続します。

 
ステップ 2

ウェブブラウザ(Safari、Google Chrome、Internet Explorerなど)を開きます。ウィンドウ上部のアドレスバーに、次の192.168.0.1、192.168.1.1、またはhttp://tplinkwifi.netのいずれかを入力します。

 

 
メモ:
デフォルトのアクセスアドレスはモデルによって異なります。製品の背面もしくは底面のラベルに記載されています。
 
ステップ 3
ログイン画面が開いたらルーターの管理画面にログインをします。
2018年現在TP-Linkのルーターのログイン画面は2種類あります。
1つめはユーザー名とパスワードがはじめから決まっているもの。この場合は共にadmin(半角小文字)でログインが可能です。
2つめは初回ログイン時に自分でパスワードを作成するものです。
この場合は「パスワード」「パスワードの確認」の2つの入力欄があるのでここに同じものを入力して下さい。次回以降はこのパスワードのみでログインをすることになります。
 
また、TP-Linkクラウド対応ルーターにログイン後にTP-Link IDの紐付けをした場合はTP-Link IDのメールアドレスとパスワードでログインをします。
 
ログイン時に困ったときは:

Q1. tplinkwifi.netや192.168.0.1と入力をしても管理画面が開かないときは

A1. TP-LinkルーターとPCやスマートフォンが接続されているかを確認して下さい。また、IPアドレスがキチンと取得できているかを確認して下さい:確認方法はこちらをご覧ください。

Q2. Q1を行っても管理画面が開かない、またはadminや以前作成したパスワードを入力してもログインが出来ないときは

A2. 入力内容に誤りがあるか、ブラウザのcookieや履歴が邪魔をしている場合があります。後者の場合は以下のような各ブラウザのプライベートブラウズ機能をご利用下さい。

  • Internet exprolerやMicrosoft edge: InPrivete ブラウズ
  • Google Chrome: シークレットウィンドウ
  • Safari: プライベートウインドウ(Mac版), プライベート(iOS版)

Q3. ブリッジモードに切り替えてからログインが出来ないときは

A3. こちらをご覧ください。

Q4. Androidのスマートフォンから管理画面が開けず初期設定が出来ないときは

A4. 一部スマートフォンにはインターネット接続が出来ない状態でWi-Fiに接続をしてもLTE通信に勝手に切り替えてしまう機能があります。そのためスマートフォンを機内モードに切り替えてから、Wi-Fiを再度有効にしてお試しください。

 

依然として管理画面にアクセスできない場合は以下をサポートまでご連絡ください。

  • ルーターの型番とハードウェアバージョン
  • PCやスマートフォンの型番
  • PCやスマートフォンのIPアドレス(確認の仕方)
  • プライベートブラウズ機能を利用したか否か
  • 他の端末での結果