ルーター/中継器をブリッジモード変更後に管理画面が開かない場合はどうすればいいですか?

トラブルシューティング
更新済み09-27-2022 04:14:14 AM 158385
対象製品: 

2020年現在、販売されているルーターはすべてブリッジモードへの動作モード変更に対応しています。

ブリッジモードのルーターは性質上IPアドレスが変わるため、192.168.0.1やtplinkwifi.netでのアクセスが出来ない場合があります。

そういった場合は以下の方法のどれかでブリッジモードのルーターのIPアドレスを確認し、そのアドレスを直接入力して管理画面にアクセスをして下さい。

※ ブリッジモードに切り替えた中継器も同じ手順でアクセス可能です。

・ルーター/中継器のIPアドレスを確認してアクセスする

ブリッジモードルーターのIPアドレスを確認する主な2つの方法

  1. ブリッジモードのルーターにWi-Fi接続し、Tetherアプリを起動しホーム画面のルーターをタップすると現在のIPアドレスが表示されます。
  2. ブリッジモードルーターをメインルーターに接続後、メインルーターの管理画面内にログインをし、
    DHCPクライアントリストのような接続機器一覧の画面からブリッジモードルーターのIPアドレスを確認します。

IPアドレスを確認したら、上位のルーターかブリッジモードのルーターにWi-FiかLANケーブルで接続した状態でウェブブラウザを開き、確認したIPアドレスを入力してアクセスをします。

・ルーター/中継器と上位ネットワークを切り離し、再起動後を行ってアクセスする

  1. ブリッジモードのルーターと上位ネットワークを接続しているLANケーブルを取り外します。
  2. ルーターを再起動させてください。再起動には5分ほどかかります。
  3. ルーターのWi-FiかLANへ接続し、Webブラウザから「192.168.0.254」へアクセスします。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。