TP-LinkルーターではどのようにDS-Lite方式のインターネット通信を設定しますか?

設定ガイド
更新済み04-09-2021 01:15:38 AM 32070
対象製品: 

TP-Link製ルーター製品にはDS-Lite通信方式に対応しているものがあります。 

ここでは、ArcherC2300を使用しインターネットマルチフィード社のDS-Lite通信サービスへ接続することを例に解説します。

 

設定する前に契約中のインターネット回線がDS-lite通信方式に対応していて、DS-Lite通信サービスが開通していなければなりません。

DS-Liteに対応したルーターの場合

1.Archer C2300(以下C2300)の管理ページを開き、詳細設定にアクセスします。

※管理ページへのアクセス方法についてはこちらをご参照ください。

2.基本の左メニューインターネットを開きます。

3.インターネット接続タイプを「DS-Lite」に変更します。 AFTR名はプロバイダー指定のものやgw.transix.jpを入力してください。
※アルテリア・ネットワークス(VECTANT)や楽天ひかりの場合はdgw.xpass.jpと入力してください。

 

4.保存をクリックして設定を完了します。

 

 

Decoシリーズの場合

DecoシリーズもDS-Liteに対応(日本のプロバイダーでの動作確認は未検証)しております。

1. Decoのインターネット接続タイプをDS-Liteに設定します。
初期設定はすでにPPPoEなどでお済みの場合は、DecoのWi-Fiに接続した状態でDecoアプリを開き、その他 > 詳細設定 > IPv4 を開きインターネット接続タイプをDS-Liteに変更します。

2. AFTR名にはプロバイダー指定のものやgw.transix.jpを入力してください。

注:設定を完了してからインターネット接続されるまで最大10分程時間がかかる場合があります。

 

接続できないときは:

  • ご利用のプロバイダーがDS-Liteに対応の上開通しているかをご確認ください。
  • 入力したAFTR名に間違いがないかをご確認ください。楽天ひかりはdgw.xpass.jpと入力してください。
  • ひかり電話ルーターに接続する場合は、DS-Lite接続ができない場合があるのでひかり電話ルーター側でDS-Lite接続をして、TP-Linkルーターをブリッジモードに設定してください。

 

Recommend Products

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。