年:
--  
    Feb.2022
    21

    「Archer C6」がIPv6 IPoEに対応!アップグレードバージョンV3.2モデル2月28日(月)発売

    弊社は、MU-MIMOギガビットルーター「Archer C6」のアップグレードバージョンV3.2モデルを、2022年2月28日(月)に日本国内向けに発売します。

    「Archer C6 V3.2」は、従来モデル「Archer C6 V2」にIPv6 IPoE、WPA3を追加したアップグレードモデルです。

    次世代の高速回線IPv6 IPoEが利用可能となり、 最大で合計1167Mbps(5GHz:867Mbps + 2.4GHz:300Mbps)の高速通信を実現します。

    最適なWi-Fi環境をサポートするビームフォーミングやエアタイムフェアネス等を搭載しており、TP-Link OneMesh™対応中継器と連携すればシームレスなメッシュ環境を構築することも可能です。

    「Archer C6 V3.2」は、高速で快適なWi-Fi環境を3,000円台という低価格で実現します。

    「Archer C6 V3.2」製品ページはこちら

     

    【製品情報】

    IPv6 IPoE対応 MU-MIMO Wi-Fiルーター「Archer C6 V3.2

    (想定販売価格:税込3,390円)

    <製品情報>

    • Wi-Fiスピード*1:867Mbps(5GHz,11ac/n/a)+ 300Mbps(2.4GHz, 11n/g/b)
    • アンテナ:外部アンテナ×4
    • ポート:ギガビットWANポート×1、ギガビットLANポート×4
    • 寸法:230×144×35mm
    • 推奨利用環境:戸建て3階建、マンション4LDK、最大接続台数15台
    • 製品保証:業界最長クラスの3年保証

     

    <製品スペック>

    • IPoE対応*2:日本の主要なIPv6サービスに対応(v6プラス、transix、フレッツ光ネクスト)
    • セキュリティ:最新セキュリティ規格WPA3対応
    • 保護者による制限:端末のインターネットアクセス時間の制限が可能
    • ゲストネットワーク:独立したゲスト用Wi-Fiを作成(ルーターモードのみ)
    • ブリッジモード搭載:有線ルーターに接続してWi-Fiのアクセスポイントとしても利用可能(一部機能に制限あり)
    • IPTV:IPTVのストリーミングを分岐してネットワークを安定して運用可能
    • WPS:ワンタッチで簡単かつ安全なWi-Fi接続を提供
    • VPNサーバー:OpenVPNとPPTP VPNサーバーとして利用可能
    • TP-Link OneMeshTM:OneMeshTM中継器と連携させることでメッシュ化を実現

    *1:最大無線信号速度は、IEEE 802.11規格の仕様から導かれる物理速度です。実際のワイヤレスデータスループットとワイヤレスカバレッジは、建築材料、物理的障害などの環境要因や近隣からの電波干渉、トラフィック量と密度、製品の 設置場所、ネットワークの複雑さ、ネットワークのオーバーヘッドや、定格性能、場所、接続品質、クライアント条件等のクライアントの制限によって左右される為、保証されるものではありません。

    *2:IPv6 IPoE接続時はVPN接続などの追加機能が制限されるのでご留意ください。またIPv6 PPPoEには対応していません。

     

    【「Archer C6 V3.2」の特徴】

    IPv6 IPoE対応ルーター

    「Archer C6 V3.2」は、IPv6 IPoEによる快適なインターネット接続を提供します。

    利用者が多い夜間等の回線混雑時、ご契約回線がIPv6 IPoEに対応していれば、混雑を避けながらいつでも大容量通信をストレスなく楽しめます。*3またIPv6ハードウェア・アクセラレーションの搭載により、IPv6、DS-Lite実装時に更なる高速化を実現します。

    *3:IPv6 IPoEを使用するにはIPv6 IPoEに対応した回線の契約や利用手続きを行う必要があります。IPv6 IPoEにはv6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Lite等、様々な種類があります。予めご契約のプロバイダーが提供しているIPv6 IPoEサービスの種類をご確認ください。IPv6 PPPoEには対応していません。

     

    最新セキュリティ規格WPA3に対応

    Wi-Fiの安全性を大きく向上させた最新のセキュリティ規格WPA3に対応しました。Wi-Fiパスワードの安全性を左右する強力な暗号化とブルートフォース攻撃に対する保護を組み合わせることで、Wi-Fiのセキュリティをより強固なものにします。

    <WPA3とは>

    2018年にWi-Fi Allianceによって導入されたセキュリティ規格で、パスワードを使用して非公開Wi-Fiネットワークに接続した際の動作を管理するために使用されます。最新のWi-FiセキュリティプロトコルであるWPA3では、個人向けネットワークのサイバーセキュリティを向上させる新機能を提供。より安全なパスワードの暗号化と強化された保護により、ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)からご家庭のWi-Fiを守ります。

    WPA3参考リンク:https//www.tp-link.com/wpa3/

     

    1ギガ”光回線を最大限に利用可能!

    光回線において主要な高速通信速度である“1ギガ”(1Gbps)を最大限利用するのに「Archer C6 V3.2」がお勧めです。 通信速度の低下を防ぐIPv6接続(IPoE方式)に対応しているため、地域差や時間帯による速度低下も小さく、高速な“1ギガ”光回線を余すことなく利用することができます。

     

    MU-MIMO×「ビームフォーミング」

    4本の外付けアンテナが遠くまでWi-Fiを飛ばし、「ビームフォーミング」によって離れた場所にあるデバイスにも集中的に信号を送ることができます。さらに複数デバイスとの同時通信が可能になる「MU-MIMO」にも対応しているため、広範囲で快適なWi-Fiの利用を実現します。*4

    *4:MU-MIMOを利用するにはクライアント端末側もMU-MIMOに対応している必要があります。

     

     

    OneMeshTMでお家をメッシュ化!

    「Archer C6 V3.2」はOneMesh™に対応しているため、OneMesh™中継器と組み合わせてメッシュWi-Fiネットワークの構築が可能です。

    ※「OneMesh™」参考リンク:https://www.tp-link.com/jp/onemesh/

     

    <メッシュWi-Fiとは>

    メッシュWi-Fiとは、対応機器それぞれが連携して作り出す1つの大きなWi-Fiネットワークのことです。「Archer C6 V3.2」をOneMesh™中継器と連携させれば、お家のネットワークを1つにまとめられるため、部屋や階によっていちいちWi-Fiの接続先を変える必要もありません。たとえ移動しながらでも途切れることなく、家じゅうで快適なインターネット環境を楽しめます。

     

    <おすすめ中継器>

    「Archer C6 V3.2」とメッシュWi-Fiを構築するなら、対応中継器「RE330」、「RE305」、「RE300」がおすすめです。

    ※TP-Link OneMesh™対応予定機種:https://www.tp-link.com/jp/onemesh/product-list/

     

    TP-Link専用アプリ“Tether”用いた簡単設定&管理

    「Archer C6 V3.2」と、iOS、Androidスマートフォン用アプリ“Tether”を組み合わせることで、指先だけであっという間にセットアップが完了します。もちろん、セットアップ後の管理もアプリで行えます。

     

    保護者による制限とゲストネットワーク

    保護者による制限機能では、端末ごとに不適切なコンテンツをブロックしたり、1日のインターネット時間を制限したりすることが可能です。また、ゲストネットワーク機能を使用すれば、ネットワークを安全に保ったままゲストにインターネット接続を提供できます。

    ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

    From United States?

    お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。