どうすればルーターのファームウェアをアップグレードできますか?

User Application Requirement
Updated 04-02-2018 04:10:15 AM
対象製品: 
TL-WR841N , TL-WDR3500 , TL-WR743ND
注意:
 
1) 販売中のいくつかのモデルには複数のハードウェアバージョンが存在します。お使いのルーターのハードウェアバージョンをご確認ください。ハードウェアバージョンが一致するファームウェアしかアップグレードができません。
誤ったファームウェアをアップグレードすると機器に損傷を与える可能性があり、かつ保証の適応外となります。
バージョンの数字が一致していても日本向けのハードウェアに海外版ファームウェアをアップグレードした場合、アップグレード自体は可能ですが日本版のファームウェアを入れなおす事が出来なくなり保証の対象外となります。

ハードウェアバージョンの確認の際はこちらをご覧ください。
 
2) ファームウェアのアップグレードはなるべく有線接続で行ってください。
3) 絶対にアップグレードの最中、電源を切ったりケーブルを抜かないでください。
4)  アップグレードにはInternet Exproler(IE)を推奨いたします。
 
ステップ 1
注:例としてArcher C7を使用します。
最新のファームウェアをお使いのデバイスにダウンロードし、WinZIPやWinRARといったソフトを使い展開しファームウェアを適当なフォルダーに移動します。
 
末尾の6桁の数字は発行日を表しています
 
ステップ 2
TP-Linkルーターのウェブ管理画面へログイン。
 
ステップ 3
ファームウェアのアップグレードを行うと現在のルーターの設定が初期化されてしまうため、「システムツール」の「バックアップおよび復元」から事前に設定の保存がをおすすめします。
ステップ 4
「システムツール」>「ファームウェアアップグレード」を開き、「ファイルを選択」をクリックして先ほどダウンロードしたファームウェアを選択。
ステップ 5
「アップグレード」をクリック、アップグレード完了後ルーターは自動的に再起動しますので3分ほどお待ちください
ステップ 6
再起動後、ログインをして「ステータス」をクリック、ルーターのファームウェアがアップグレードされているかご確認ください
ステップ 7
工場出荷時に戻すことで新たな設定が適応されているか確認できます。; システムツール>既定の設定と進み復元をクリックしてください。
ステップ8
復元後、バックアップファイルを使うか、再設定をしてください。