プライバシーセパレーターについて

設定ガイド
更新済み 08-17-2020 01:41:08 AM 2152

TP-Linkの製品はプライバシーセパレーターに該当する機能は工場出荷時から無効になっています。

機種によって翻訳は異なりますがAP Isolation機能(AP分離, AP切り離し)とClient Isolation機能(クライアント切り離しなど)が該当します。

プリンターやテレビのレコーダーなどが利用できない場合はプライバシーセパレーターが原因ではなくネットワーク構成(2重ルーター)か、ルーターの他の設定の可能性があります。
TP-Linkのルーターが動的IPで他のルーターと接続されている場合はブリッジモードに切り替えてみたり、IGMPスヌーピングを無効化してみてください。
各設定はこちらで説明をしております。

タブ型管理画面の機種

詳細設定 > システムツール > システムパラメーター の2.4GHzと5GHzそれぞれで設定可能です。

一覧型管理画面の機種

ワイヤレス2.4GHz/5GHz > ワイヤレス詳細設定 でそれぞれ設定可能です。

一部のWi-Fi 6対応ルーターの場合

詳細設定 > ワイヤレス > 追加の設定で設定が可能です。

 

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States (English)?

Check products and services for your region.