Bluetooth USB子機に関するよくある質問

機能説明や仕様などのQ&A
更新済み04-19-2022 07:41:25 AM 112566
対象製品: 

この記事ではUB400/UB4AとUB500/UB5Aに関するよくある質問をまとめています(これらは名称は異なりますが同じ製品です)。

Q1: Bluetooth USB子機はMacとLinuxに対応していますか?

いいえ、対応していません。

Windows XP/7/8/8.1/10にのみ対応しています(XP/7はドライバーのインストールが必要です)。

注意: WindowsはOSの制限上、Bluetoothアダプターが内蔵されている場合はUB400/UB4Aを認識しないので、内蔵アダプターを無効化する必要があります。

 

Q2:  UB400/UB4Aの無線到達範囲はどれくらいですか?

A: 一切障害のない環境では30-40mほどですが、無線干渉はどうしても発生してしまうので実際は良くて10~20mほどです。

※ Bluetoothは2.4GHz Wi-FiやUSB 3.0デバイスのノイズや電子レンジなどの影響をうけます。

 

Q3: UB400 /UB4AはBLEに対応していますか?

A; はい。

 

Q4: UB400/UB4AはPeripheralに対応していますか?

A: BLE(Bluetooth Low Energy)接続において、BLEデバイスはCentralまたはPeripheralのいずれかの役割で動作しています。

中央の役割(マスター)。コマンドやリクエストを開始し、周辺機器からの応答を受け入れるデバイス。

ペリフェラルの役割(スレーブ)。コマンドやリクエストを受信し、レスポンスを返すデバイス。

一般的に、中心的な役割の機器はパソコンやスマートフォン、周辺的な役割の機器はBluetoothヘッドセットなどのエンドデバイスであることが多い。

UB400/UB4Aに関しては、Central Roleとしてのみ動作し、Peripheral Roleには対応していない。


Q5: UB400/UB4Aの暗号化方式は?

A: SAFER+です。暗号化キー長は最大で128bitまで対応。

 

Q6: UB400/UB4Aはどのコーデックに対応していますか?

A:  SBCに対応しています。

※ OSや端末に依存します。

 

Q7: UB400/UB4Aの出力クラスは?

A: Class 1です。クラスの出力上無線の範囲は10mが目安ですが、社内でのテストの結果を鑑みてHP上での範囲は20mと記載しています。

 

Q8: UB400/UB4AのBluetooth MACアドレスを変更できますか?

Bluetooth MAC Address Changerなどのサードパーティ製ソフトウェアをご利用ください。

※ UB500/UB5AはMACアドレスを変更できません。

Q9: 何台の端末をUB4Aに接続できますか?

最大6台のBluetoothデバイスを接続できますが、利用できるのは1台だけです。

注:TP-Link はサードパーティ製ソフトウェアのメンテナンスやサポートを提供しておらず、サードパーティ製ソフトウェアの性能や安定性を保証するものではありません。サードパーティ製のソフトウェアを使用した結果、製品に損害が生じた場合、製品の保証は無効となります。

Q11: Bluetooth USB子機はどのプロファイルに対応していますか?

UB500はA2DP/AVRCP/HFP/HSPに対応しています。

UB400はHSP/HFP/OPPに対応しています。

 

Q12: オフィスなど同じ場所で複数のBluetooth USB子機を利用できますか?

いいえ、UB400/UB4AとUB500/UB5Aはそれぞれ同じMACアドレスを共有しています。そのため、オフィスなどで複数のUB400を利用してBTキーボードを利用するとうまく接続できません。

 

関連トピック

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

おすすめ製品

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。