Decoにおいてアクセスポイントモード(ブリッジ)とルーターモードではどのような違いがありますか?

その他の設定
Updated 11-01-2019 05:45:07 AM
対象製品: 

Decoネットワークを正常にセットアップすると、Decoユニットはデフォルトでルーターモードで動作します。ルータモードで動作する場合、Decoはゲートウェイデバイスとして動作するため、ウイルス対策、保護者による制限、QoS、IPv4、DHCPサーバなどのゲートウェイ機能が使用可能です。

実際のネットワーク環境に応じてアクセスポイントモードを選択できます。しかし、アクセスポイントモードではNAT機能がないため、Decoアプリではゲートウェイ機能が消えます。

デコをアクセスポイントモードに設定する場合は、このリンクを参照してください。

注意:モデルが異なると、機能が異なる場合があります。



ここでは、例にDeco M5を使用します。

Deco M5がルーターモードで動作している場合、Decoアプリを開くと、概要とその他ページには以下の機能が表示されます。

https://static.tp-link.com/1_1553735966610v.png

詳細設定をタップすると、下記が表示されます。

https://static.tp-link.com/2_1553735987572i.png

DecoM5がブリッジモード時は、下記のように概要とその他のに表示される項目が減少します。

https://static.tp-link.com/3_1553736005645r.png

Deco M5と比較すると、Deco M9Plusにはショートカット機能とオートメーション機能があり、通知の下にも多くのカテゴリがあります。

https://static.tp-link.com/picture_7_1553220208799i.png

Deco M9Plusがアクセスポイントモードで動作している場合は、ショートカットおよびオートメーション機能は動作しますが、通知ページではNAT機能に関連する機能が表示されなくなります。

https://static.tp-link.com/picture_8_1553220221949l.png

 

Decoがルータモードで動作している場合、メインのDecoだけがLANケーブルで上位側のモデム/ルータに接続できます。スレーブのDecoは、LANケーブル/Wi-Fi経由でしかメインのDecoのネットワークに接続できません。ただし、Decoがアクセスポイントモードで動作している場合、各DecoユニットはLANケーブルを介してz上位側モデム/ルータに直接接続できます。

注意:Decoがアクセスポイントモードで動作する場合は、上位側モデム/ルータにNAT機能が必要です。


接続例

https://static.tp-link.com/11_1555902633972o.png

 

SubscriptionTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。