ルーターのファームウェア アップデートの方法について

Configuration Guide
Updated 05-25-2018 08:53:23 AM
対象製品: 

この記事ではファームウェアの手動でのアップグレード方法をご紹介します。

TP-Linkクラウド対応機種の場合はこちらを御覧ください。

 

注:

1) 複数のハードウェアバージョンが存在する場合もあるため、必ずルーターのハードウェアバージョンをご確認ください。異なるファームウェアをアップグレードしてしまった場合ご利用中の機器に不具合を生じさせる恐れがあり、保証の対象外となってしまいますのでご注意ください。

ハードウェアバージョンの確認方法については こちらをご覧ください。

例: Archer C9 バージョン 2.1 をお持ちの場合、ハードウェアバージョンはバージョン2ということになりますので、ハードウェアバージョン2(V2)向けのファームウェアをご利用ください。

2) ファームウェアアップグレードは有線で接続のうえ行ってください。決してWi-Fiでのアップグレードは行わないでください。

3) ファームウェアのアップグレード中は決して電源を切ったりLANケーブルを外さないでください。

4) ファームウェアアップグレードの際はインターネットエクスプローラー(IE)のご利用をお勧めいたします。

 

ステップ1

最新のファームウェアをダウンロードし、WinZIPやWinRARといった解凍ソフトを使用しファームウェアのファイルをフォルダーに展開します。

ファームウェアのファイル名の末尾に記載された6桁の数字は配信日です。

ステップ2

TP-Linkルーターにログインをします。

ステップ3

アップグレードを行うと設定がすべて消去されてしまうため、事前に現在の設定のバックアップをお勧めいたします。詳細設定>システムツール>バックアップおよび復元 からバックアップが可能です。

ステップ4

システムツール>ファームウェアアップグレードを開きます。「アップグレードの確認」をクリックすることで最新のファームウェアが配信されているかを確認することが可能です。もしくは「参照」をクリックしてダウンロード済みのファームウェアを選択してください。

注:青いインターフェイスのルーターでもいくつかの機種では多少構成が異なりますのでご注意ください。

ステップ5

「アップグレード」ボタンをクリックします。するとデバイスが自動的に再起動を行い、完了をもってアップグレードの完了となりますので3分ほどお待ちくださいませ。

ステップ6

画面最下部にてファームウェアがアップグレードされたかをご確認くださいませ。

ステップ7

ここからは確認作業となります。ルーターを既定の設定(工場出荷時の状態)にリセットすることでファームウェアが有効になっているかをご確認いただけます。システムツール>バックアップおよび復元 を開き「既定の復元」をクリックしてください。

ステップ8

既定の復元を行った後、初期設定を行うかバックアップをしたファイルの復元をもって設定を入力してください。

以上になります。