RE550

新製品

AC1900 メッシュWi-Fi 中継器

  • WiFiの範囲を最大化 - ルーターのWiFiが届かない場所まで範囲を拡張します。
  • AC1900 デュアルバンドWiFi - 2.4GHz(600Mbps) + 5GHz(1300Mbps)の高速WiFi。
  • 外部アンテナ搭載 - 外部アンテナが安定した送受信を可能にします。
  • ギガビットポート搭載 - 1000Mbps対応のポートをイーサネットコンバーターとしても利用可能です。
  • LEDで最適な設置場所を確認 - ルーターとの受信強度をLEDで表示するので最適な場所をひと目で判別できます。
  • ブリッジモード - WiFi機能のないルーターに接続することで、3ストリームの高速WiFiアクセスポイントとして利用可能です。
  • 専用アプリTether - PCがなくても、iOSもしくはAndroid専用アプリTetherでかんたん設定。
  • 高い互換性 - ほぼすべての家庭用WiFiルーターと互換性があります。
購入 参考価格:¥ 6,500

Wi-Fiの死角をなくしたいなら

AC1900 メッシュWi-Fi中継器

RE550

こんな悩みにはOneMesh™中継器が最適

  •  
    寝室までWiFiが届かない
  •  
    家の中を歩き回ると
    接続が途切れてしまう
  •  
    鉄筋などWiFiの電波が飛びにくい環境
  •  
    ケーブルをスッキリさせたい

どこでもWi-Fiを楽しめるように

RE550は親機となる無線LANルーターと無線で接続し、WiFiを中継することで接続可能なエリアを大幅に拡大します。 2.4GHzと5GHzが各600Mbpsと1300Mbpsの高速WiFiに対応しているのでストレスなくお楽しみいただけます。

WiFiルーター
中継器で拡張したWiFi
TP-Linkルーター以外でも
接続可能*
1300 Mbps(5 GHz)
600 Mbps(2.4 GHz)

TP-Link OneMesh™

OneMesh™対応のルーターと対応中継器を接続すれば、2.4GHzと5GHzを束ねた単一のSSID(WiFiの名前)を放つようになります。 このSSIDに接続すれば最適な接続を常にキープする事ができます。
※ブリッジモードの中継器同士のOneMesh™接続はできません。

OneMeshについて™

  •  
    スマート
    ローミング
    スマホで動画を見ながら
    部屋や階を移動しても
    中継映像は途切れません。
  •  
    接続先は1つだけ
    接続するWiFiの
    切り替え不要!
  •  
    使い方は
    かんたん
    OneMesh™ルーターと
    OneMesh™中継器を繋ぐだけ。
  •  
    アプリひとつ
    ルーターも中継器も
    Tetherアプリから
    まとめて管理。
  •  
    通常の中継器を使用した場合
  •  
    OneMesh™対応ルーターと中継器なら

既存のルーターでメッシュWi-Fiを

メッシュWiFiに興味はあるけど、買い替えには踏み切れない?
TP-Link OneMesh™ならそんなジレンマも解決します。

1 TP-Linkルーターを
OneMesh™対応ファームウェアに更新します。
買い替えの必要はありません。
 
2 RE550をルーターに接続します。
 
3 メッシュWiFiをお楽しみください。
Router
+
RE550
=
OneMesh
Archer AX20等のOneMesh™対応ルーター
 
RE550
 
メッシュWiFi

最大1900Mbpsの高速デュアルバンドWi-Fi

RE550の2.4 GHz(600Mbps)と5 GHz(1300Mbps)の 2つのバンドが複数端末の同時接続を可能にします。

1300Mbps
5GHz
5GHz
600Mbps
2.4GHz
2.4GHz
自動経路選定なしの場合
自動経路選定をした場合
2.4 GHz
5 GHz
2.4 GHz
5 GHz

自動経路選定: 常に速度をキープ

ルーターへの最善の経路を自動的に選定するので、
通信速度をあまり落とすことなく利用ができます。

ハイスピードモード: 接続帯域を絞ることで接続を高速化

各バンドを一つの経路に用途を絞ることで、高画質の動画再生なども快適に楽しめます。利用環境によっては接続を最適化できるので、より高速な通信が可能になります。

2.4 GHz
600 Mbps
5 GHz
1300 Mbps
100%
加速

ブリッジモード対応

すでにルーターをお持ちの場合は、RE550をブリッジモードに切り替えて、ルーターに接続することで、3×3 MIMOの高速WiFiアクセスポイントとして利用可能です。

ブリッジモードの設定方法はこちら >>

接続はワンプッシュで

ステップ1: ルーターのWPSボタンを押し、2分以内にRE550のWPSボタンを押すと自動的に接続されます。
ステップ2: 接続設定が終わったら最適な設置位置を探しましょう。再設定は不要です。

注: WPSでの接続ができない場合や機種もあります。その場合はウェブブラウザやTetherアプリから行ってください。

WPSボタンを押す。

アプリで管理

スマートフォン(Android, iOS)から利用できるTetherアプリでは、TP-Linkルーターや中継器の初期設定や管理が可能です。

QRcode
App
Apple Store Google Store
ハードウェア機能
プラグタイプ EU, UK, US, AU, KR, JP
規格及びプロトコル IEEE802.11ac, IEEE 802.11n, IEEE 802.11g, IEEE 802.11b
インターフェイス 10/100/1000M イーサネットポート (RJ45)x 1
ボタン WPSボタン, Resetボタン, LEDボタン, 電源ボタン
消費電力 10W(最大)
寸法(幅 X 奥行き X 高さ) 163 x 76.4 x 66.5mm
アンテナ 外部アンテナ x 3
ワイヤレス機能
周波数範囲 2.4GHz & 5GHz(11ac)
信号レート 5GHz:最大 1300Mbps
2.4GHz:最大 600Mpbs
受信感度 5GHz:
11a 6Mbps:-93dBm@10% PER
11a 54Mbps: -76dBm@10% PER
11ac HT20 mcs8: -68dBm@10% PER
11ac HT40 mcs9: -64dBm@10% PER
11ac HT80 mcs9: -61dBm@10% PER
2.4GHz
11g 54M: -77dBm@10% PER
11n HT20 mcs7: -73dBm@10% PER
11n HT40 mcs7: -70dBm@10% PER
ワイヤレス モード 中継器/ブリッジモード
ワイヤレス機能 ワイヤレス統計
2.4G/5G WiFiバンド同時中継
LED コントロール
ドメイン名ログイン
Wi-Fi範囲変更
ワイヤレスセキュリティ 64/128-bit WEP
WPA-PSK / WPA2-PSK
その他
認証 CE, FCC, RoHS, TELEC
付属品 AC1900 Wi-Fi中継器 RE550
かんたん設定ガイド
梱包サイズ (W X D X H) 202x 125 x 86mm
システム要件 Microsoft® Windows® 98SE, NT, 2000, XP, Vista or Windows 7, 8, 10, Mac® OS, NetWare®, UNIX® or Linux.
動作環境 動作温度: 0℃~40℃ (32℉~104℉)
保存温度: -40℃~70℃ (-40℉~158℉)
動作湿度: 10%~90% 結露を避けてください
保存湿度: 5%~90% 結露を避けてください

最大ワイヤレス信号レートは、IEEE 規格 802.11 仕様から導き出された物理レートです。実際の無線データスループットと接続可能範囲は保証されておらず、1) 建材、物理的な障害物などの環境要因、2) 無線の干渉、トラフィックの量と密度、機器の設置場所、ネットワークの構成、ネットワークのオーバーヘッドなどのネットワーク条件、3) 定格性能、場所、接続品質、クライアントの状態などのクライアントの制限によって大きく変化します。

非公式のファームウェア(オープンソースや改竄されたものを含む)や規格外(古すぎる規格など)のファームウェアを備えたルーターまたはゲートウェイや、ケーブルテレビ回線のルーターとは互換性がない可能性があります。

* 他社製ルーターやOneMesh™非対応のルーターやアクセスポイントとも接続可能ですが、OneMesh™接続はできません(DecoシリーズとはOneMesh™接続できません)。

** 法人用のルーターとアクセスポイントの組み合わせや、MACアドレスフィルタリングやプライバシーセパレーターなどを利用している場合や、社内ネットワークの接続は保証できません。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。