WiFi 6E

Wi-Fi 6を新たなレベルへ

Wi-Fi 6Eとは?

かんたんに言えば、「WiFi 6E」はWiFi 6の拡張版です。WiFi 6と同じ規格で動作しますが、新しい周波数帯の6GHz(5.925GHz~7.125GHz)が加わったことで、より多くの周波数帯域が利用可能になります。これまで利用されてきた既存バンド(2.4GHz/5GHz)では限られた帯域にチャンネルが詰め込まれていましたが、WiFi 6Eで新しく利用可能になった6GHzの広い帯域では電波の重複や干渉がありません。より広い帯域幅で、高速なデータ通信を低遅延で行えるため、AR/VRや8K等の次世代テクノロジーに適しています。

*WiFi 6は、「AX WiFi」や「802.11ax WiFi」とも呼ばれる次世代規格のWiFiテクノロジーです
WiFi 6の詳細はこちら >>

注意:日本では2022年9月2日に6GHzバンドの利用が許可されました。TP-LinkでもWiFi 6Eメッシュ「Deco XE75」を発売しております。さらなるWiFi 6E製品ラインナップも近日リリース予定です。
発売予定商品については、プレスリリースをご覧ください。

6GHzが必要なワケ

 

WiFi 6Eが登場した背景には、近年の通信量増加があります。
スマホ・PC・ゲーム機といったネットワーク端末に加えて、スマート家電など、WiFiに接続されるデバイスの数が増加。さらに、動画やVRといったコンテンツが広く楽しまれるようになり、通信の容量も大容量に。既存バンドの2.4GHzと5GHz帯が混雑し、快適なネットワーク環境を構築できないケースも出てきました。

また、集合住宅など住居が密接しているエリアでは近隣とのネットワーク干渉が起こってしまいます。2.4GHzと5GHzの既存バンドではチャンネル数が限られており、近隣のネットワークと利用するチャンネルが被ってしまうのです。
こうしたネットワーク事情を背景に、2022年9月、日本でもWiFi 6Eが認可されました。

  • WiFi接続デバイスの増加

    WiFi接続デバイスの増加

  • WiFiトラフィックの増加

    WiFiトラフィックの増加

  • 既存バンドの混雑

    既存バンドの混雑

  •  

     

     

    近隣からのネットワーク干渉
     

     

    2.4GHz・5GHzからの
    信号干渉

    近隣からのネットワーク干渉

Wi-Fi 6Eがもたらすものとは?

WiFi 6Eでは、新たに6GHz帯が利用可能になります。6GHz帯を活かすことで、高解像度ビデオストリーミングやVRのような高速データスループットを必要とする高帯域幅アプリケーションや、遅延の少ないオンラインゲームを実現します。

  •  

    より大きな容量で遅延を削減

  •  

    広いチャンネルでよりたくさんのスループット

  •  

    混雑を抑えて
    電波干渉を低減

  • 超高速8Kストリーミング

  • 快適なオンラインゲーム

  • スムーズなVR/AR体験

Wi-Fi 6Eがこれまでを変えます

  • 混雑を最小限に

    混雑している2.4GHzや5GHzとは異なり、6GHzの広い周波数帯域は、効率的なWiFi 6接続のみで利用されます。そのため、日々感じているようなフラストレーションを取り除いてくれます。WiFi 6Eでは各チャンネルが重複することもなく、ネットワークの混雑が大幅に軽減されます。

  • これまでのWiFi通信では、通信速度の遅い車(WiFi 5やWiFi 4)と一緒に、限られた車線を走行していたイメージです。WiFi 6の高速通信も、遅い車と車線が被ってしまうと、そのポテンシャルを活かすことが難しい状況でした。しかしWiFi 6Eで解禁された6GHz帯は、高速通信のWiFi 6E専用の車線。しかもこれまでの2倍の車線(チャンネル数)が確保できるため、混雑なく高速通信を行えます。

  • 幅が広がってより高速に

    帯域幅とスループットが倍になる160MHzチャンネルを、新たに7本利用することができます。これによって可能な限り高速でより多くの同時伝送ができるようになり、8K動画・AR/VRゲーム・大容量ファイルのダウンロード等を快適に楽しめます。

    2.4GHz:160MHzチャンネル利用不可

    5GHz:160MHzチャンネル×2利用可能

    6GHz:160MHzチャンネル×7利用可能

    *6GHz帯で利用可能な160MHzチャンネルの本数は国/地域によって異なります。日本では160MHzのチャンネルが新たに3本追加されました。

  • 160MHzチャンネル

    2倍の帯域幅&2倍のスループットを実現

ネットワーク容量を改善

WiFi 6Eでは6GHzで最大1,200MHzのスペクトラムが利用可能となり、増え続けるWiFiのニーズに応えます。1,200MHzの連続スペクトルは、データの送受信に利用できる経路数を現在の2倍以上にし、混雑を軽減しながらネットワーク容量を劇的に増加させます。

*6GHz帯で利用可能な160MHzチャンネルの本数は国/地域によって異なります。日本では160MHzのチャンネルが新たに3本追加されました。

160MHz×7 =1200MHz

Wi-Fi 6の可能性を最大限に引き出します

6GHz帯の開放が、WiFi 6を大きく変えます。WiFi 6 ではネットワークの効率や容量のパフォーマンスが向上する一方で、WiFi 5(または他の無線)からの伝送と競合すると、その利点を十分に発揮することができません。 しかし、6GHz帯はWiFi 6のトラフィックのみで利用可能なため、そのポテンシャルを活かすことができます。

  • より高速
    より高性能

    グリーンフィールド6GHzスペクトル

  • よりたくさんのスループット
    低遅延

    6GHzでパワーアップした160MHz

Wi-Fi 6E vs. Wi-Fi 6/5/4

  Wi-Fi 4 Wi-Fi 5 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6E
リリース年 2007 2013 2019 2021
IEEE規格 802.11n 802.11ac 802.11ax
最大速度 1.2Gbps 3.5Gbps 9.6Gbps
バンド 2.4GHz, 5GHz 5GHz 2.4GHz, 5GHz 2.4GHz, 5GHz, 6GHz
セキュリティ WPA2 WPA2 WPA 3
チャンネルサイズ 20MHz, 40MHz 20MHz, 40MHz, 80MHz, 160MHz (×2) 20MHz, 40MHz, 80MHz, 160MHz(×7)*
変調 64-QAM 256-QAM 1024-QAM
MIMO 4x4 MIMO 4x4 MIMO, DL MU-MIMO 8x8 MU-MIMO
特徴

MIMOを採用

160MHzチャンネルを採用

5GHzバンドでより高速に

4倍の容量

速度が1.25倍に向上

4倍のOFDMシンボル長

160MHzチャンネル幅

OFDMA・8x8 MU-MIMO

最新の6GHzバンドを拡張

混雑減少・干渉低減・低遅延

160MHzチャンネル×7*

*6GHz帯で利用可能な160MHzチャンネルの本数は国/地域によって異なります。日本では160MHzのチャンネルが新たに3本追加されました。

TP-Link Wi-Fi 6E製品

カテゴリー
Deco

Deco

  • Deco XE75

    Deco XE75

    AXE5400 トライバンド メッシュWi-Fi 6Eシステム

    新製品

Wi-Fi 6E関連記事:

《近日登場》TP-Link最新規格Wi-Fi 6Eルーター等5モデルを公開
Wi-Fi 6Eルーター登場:今のルーターから変えるべき?
Deco XE75 | AXE5400 トライバンド メッシュWi-Fi 6Eシステム
Wi-Fi 7とは?何をもたらすもの?誰に必要? | TP-Link 日本

 

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。