2.4GHz Wi-Fiの接続に問題がある場合は

トラブルシューティング
更新済み11-13-2020 05:02:43 AM 1749
対象製品: 
2.4GHz帯のWi-Fiは利用可能なチャンネルが少ないため電波干渉を起こしやすい性質があります。
5GHzや有線接続に問題がなければ無線干渉の可能性が高いので親機と子機の設置場所を変更するか、Bluetooth・USB3.0デバイス・大型の電化製品などノイズを発生させる機器が近くに無いかをご確認ください。
 

よくある設置場所の問題としては以下のような例があります:

  • ルーターがテレビの裏や冷蔵庫の上等にある
  • PCにUSB 3.0のデバイスが接続されいる
  • Bluetooth接続のマウスやキーボードが室内にたくさんある
  • ルーターと子機の間に電子レンジなどがある
  • 近くにフリーWi-Fiのアンテナなどがある

ルーター側の設定変更で改善の可能性もあるので以下をお試しください。

  • ルーターの2.4GHz Wi-Fiのチャンネルを1/6/11のどれかに変更する
  • ルーターの2.4GHz Wi-Fiのチャンネル幅を20MHzに変更する 
    ※ TP-Linkルーターの設定方法は以下をご覧ください。
    TL-WR841, Archer C20/50/55などの場合

    ワイヤレス 2.4GHz > 基本設定 のチャンネルとチャンネル幅を変更し保存をクリック。

    ギガビット対応Archerシリーズの場合

    詳細設定 > ワイヤレス ワイヤレス設定 > 2.4GHz のチャンネルとチャンネル幅を変更し保存をクリック。

    一部Wi-Fi 6対応ルーター等の場合

    詳細設定 > ワイヤレス > ワイヤレス設定 を開き、2.4GHzのチャンネルとチャンネル幅を変更し保存をクリック。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

Check products and services for your region.