SDカードをカメラに挿しても利用できない場合は

トラブルシューティング
更新済み01-28-2021 09:28:06 AM 36228
対象製品: 

注意: TP-LInkのカメラにはSDカードは同梱されていません。別途お求めください。

 

Tapoカメラは4GB~128GBのSDHCまたはSDXCカード(SDカードには非対応)に対応しており、初期設定時にカードをFAT32形式にフォーマットを行う必要があります。

このFAQでは初期化ができないなど、SDカードが利用できない場合の対処法をご紹介します。

 

起こり得る症状:

  1. SDカードが認識されない、もしくは「SDカードに問題があります」などの表示が出る場合。
  2. Tapoアプリ上でSDカードをフォーマットできない。

 

対処法

注意: カメラとTapoアプリのファームウェア/ソフトウェアのバージョンは常に最新のバージョンに更新しておいてください。

  • SDカードをPCなどに接続して認識されるかを確認します。加えてH2testWなどのソフトウェアを利用してカードの状態を確認してみてください。こちらでも別途SDカードのトラブルシューティングを紹介しております(英語)。

もしもSDカードが認識されなかったり、不良もしくは偽造品だった場合は別のカードをご利用ください。

PCで問題なく認識できた場合はPCでSDカードをFAT32にフォーマットしてみてください。

  • カメラの電源を切り、SDカードを挿し直し、カメラの電源を入れて認識されるかをご確認ください。
  • カメラをルーターに近づけて電波状況を改善して試してみてください。
  • 他のSDカードを利用してみてください。

 

改善しない場合はTP-Linkサポートまで以下の情報とともにお問い合わせください。

1) SDカードのメーカー・型番・容量・フォーマット形式

2) TP-Link ID(登録したメールアドレス)

3) Tapoカメラの型番とMACアドレス;

4) このFAQのトラブルシューティングを試してみた結果

 

 

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

Check products and services for your region.