スマートコネクトを有効に設定するには?

設定ガイド
更新済み01-29-2021 11:41:57 AM 89382
対象製品: 

スマートコネクト機能は、2.4Gや5Gのように、複数のバンドを持つルーターの各バンドのSSIDを同一にまとめ、ルーター側で各デバイスに最適なバンドを負荷や干渉状況も合わせて考慮し自動的に割り当てようとする機能です。

スマートコネクト機能を有効に設定すると、ルーターの2.4Gと5Gの各バンドのSSIDとパスワードは同一となり、利用時にバンドを意識する必要はなくなります。

逆に、2.4Gと5Gを自分で切り替えたい場合、スマートコネクトは無効化してください。

 

ここでは、AX50を例としてスマートコネクトの有効化手順を解説します。

モデルによりUIや表記は多少異なりますが、概ね同じ手順です。

 

管理画面tplinkwifi.netで設定する場合

1.ルーターのWi-FIあるいは有線LANと接続し、管理画面tplinkwifi.netへアクセス、ログインします。

 

2.詳細設定>ワイヤレス>ワイヤレス設定 とメニューをたどり、スマートコネクトを有効に設定します。

 

Tetherアプリで設定する場合

※機種によっては、管理画面でなければ設定ができません。

1.スマートフォンをルーターのWi-Fiに接続します。

2.Tetherアプリを起動し設定するルーターを選択します。

3.画面下のツール>ワイヤレス を開き、スマートコネクトを有効に設定します。

 

 

注意:スマートコネクトを無効化する場合、上記手順を参考にスマートコネクトを無効に設定してください。

スマートコネクトを無効にしただけでは、各バンドのSSIDは同一のままとなりますので、必ず同画面にてSSIDの変更と保存を行ってください。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

Check products and services for your region.