ブリッジモードにせずDMZの下でルーターモードで利用するには

設定ガイド
更新済み04-20-2021 05:32:34 AM 101124
対象製品: 

auひかりなど、日本では海外と異なりホームゲートウェイと呼ばれる有線ルーターを契約時に貸与しその利用を強制させる場合が多くあります。

そういったルーターがある環境では無線LANルーターの利用はブリッジモードでの運用を余儀なくされ、TP-Linkの中・上位機種のルーターに備わっているHomeCareやVPNサーバーといった機能が利用できなくなってしまいます。

そういった場合はホームゲートウェイ側にDMZの設定を行い、TP-Linkルーターのインターネット接続タイプを静的IPに設定し、DMZで指定したIPアドレスに変更します。DMZ指定されたルーターは、インターネットからはインターネットに直接接続されているような状態となります。

このFAQの手順ではauのホームゲートウェイ(BL900HW)の下にTP-Linkのルーターを接続します。

やり方:

  1. ホームゲートウェイ側の管理画面にログインをしDMZを有効にし適当なIPアドレスを入力(今回は192.168.0.254)します。
  2. TP-Linkルーターにログインをして設定を行います。ログインの際は"tplinkwifi.net"もしくは"192.168.1.1"とブラウザに入力をしてください。
    ※auのホームゲートウェイとTP-LinkルーターはデフォルトのIPアドレスが同じなので、ホームゲートウェイのLANとTP-LinkルーターのWANを接続するとTP-LinkルーターのIPは192.168.1.1に自動で移行します。
  3. 基本 > インターネット を開き接続タイプを静的IPに設定し値を入力します(添付画像参照)。
    IPアドレス: 192.168.0.254 (auのDMZに指定したIPを入力します)
    サブネットマスク: 255.255.255.0
    デフォルトゲートウェイ: 192.168.0.1
    DNS: 192.168.0.1
  4. また、もし依然として有線接続の機器がインターネットに接続ができない場合は、
    いったんauのルーター・TP-Linkルーター・有線接続の機器すべての電源を切り5分ほどしてから再起動をしてみてください。

もし改善しない場合有線接続のPCと無線接続をしているスマートフォンなどのIPアドレスをご確認のうえご連絡ください。
https://www.tp-link.com/jp/faq-838.html

注意: DMZ利用時に速度や安定性の低下などがあった場合は、DMZでの利用を諦めてブリッジモードに切り替えてご利用ください。お問い合わせを頂いても解決は見込めません。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。