ルーターのWPSランプのみが点灯し、動作しなくなってしまった場合の対処方法

トラブルシューティング
更新済み02-16-2022 17:22:35 PM 36467
対象製品: 

ルーターのWPSランプだけが点灯し、起動しない場合ルーターのファームウェアデータに不具合が生じ保護モードになってしまっています。 

この場合、保護モードのリカバリ画面にアクセスし、復旧することができます。

起動しなくなってしまったルーターに対応するファームウェアアップデート用binファイルをダウンロード頂き、下記手順をお試しください。

 

1.ルーターから一度全てのLANケーブルを抜き、電源だけが入っている状態にします。


2.ルーターのLANポート1234のどれかとコンピューターをLANケーブルで一対一状態になるように接続します。


3.コンピューターのIPアドレスを下画像のように設定します。


4.コンピューターでインターネットブラウザーを起動し、アドレスバーに「192.168.0.1」と入力して、保護ブート画面を表示します。この手順は画面がなかなか表示されないことがあります。


5.表示される画面の指示に従いダウンロード頂きましたファームウェアを指定し再度書き込みます。


6.書き込み完了後、正常に動作するか確認します。

 

TP-Linkダウンロードセンター

http://www.tp-link.jp/download-center.html

 

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。