ルーターのWPSランプのみが点灯し、動作しなくなってしまった場合の対処方法

トラブルシューティング
Updated 04-05-2019 08:50:53 AM
対象製品: 

ルーターのWPSランプだけが点灯し、起動しない場合ルーターのファームウェアデータに不具合が生じ保護モードになってしまっています。 

この場合、保護モードのリカバリ画面にアクセスし、復旧することができます。

起動しなくなってしまったルーターに対応するファームウェアアップデート用binファイルをダウンロード頂き、下記手順をお試しください。

 

1.ルーターから一度全てのLANケーブルを抜き、電源だけが入っている状態にします。


2.ルーターのLANポート1234のどれかとコンピューターをLANケーブルで一対一状態になるように接続します。


3.コンピューターのIPアドレスを下画像のように設定します。


4.コンピューターでインターネットブラウザーを起動し、アドレスバーに「192.168.0.1」と入力して、保護ブート画面を表示します。この手順は画面がなかなか表示されないことがあります。


5.表示される画面の指示に従いダウンロード頂きましたファームウェアを指定し再度書き込みます。


6.書き込み完了後、正常に動作するか確認します。

 

TP-Linkダウンロードセンター

http://www.tp-link.jp/download-center.html

 

 

※上記操作で復旧不可能な場合は弊社にて再書き込み作業を承りますのでその旨サポートのメールフォームよりご連絡をお願い致します。