Archer C50/C20,TL-WR841/940Nのアクセス制御を使って利用時間を制限する

設定ガイド
更新済み02-13-2019 01:21:47 AM 63574
対象製品: 

アクセス制御機能は特定のクライアント端末のインターネットアクセスなどを制御する機能です。

使うべき状況: 特定のクライアント端末がアクセス時間とコンテンツの制限で自分のネットワークにアクセスすることを拒否または許可する。

たとえば、00-11-22-33-44-AAというMACアドレスを持つホスト(端末)をwww.microsoft.comにアクセスすることを禁止し、他のすべてのコンピュータが普通にインターネットにアクセスできるようにしたい場合は、 次の手順を実行します。 :

文中では例としてArcher C20 V4を利用します:

1. ルーターの管理画面にアクセスをします。

2. 左側のメニュー欄からアクセス制御 > ホストを開きホストの設定を行います:

1) 新規追加をクリックします。

2) モードをMACアドレスに変更し、わかりやすい名前をや説明(例: host_1)を説明欄に入力して下さい。そして対象のMACでアドレス(00-11-22-33-44-AA)をMACアドレス欄に入力します。

3) 保存をクリックします。

3. アクセス制御 > ターゲットを開きターゲットの設定を行います:

1) 新規追加をクリックします。

2) モードをURLアドレスに変更し、説明を加えます(例: target_1)。URLアドレスの追加フィールドにドメイン名や、フルネームまたはキーワード(たとえば、microsoft)のいずれかを入力します。

注: キーワード(例: www.microsoft.com)を含むすべてのURLが制御の対象となり、アクセスのブロックまたは許可されます。

3)保存をクリックします。

4. アクセス制御 > スケジュールを開きスケジュール設定を行います:

1) 新規追加をクリックします。

2) わかりやすい説明(例: schedule_1)を説明欄に入力し、適用する日と時間の設定を行います。

3) 保存をクリックします。

5. アクセス制御 > ルールを開き、新しいアクセス制御ルールを設定します。

1) 新規追加をクリックします。

2) 説明欄にわかりやすい説明や名前をつけます。LANホスト欄ではドロップダウンリストからhost_1を、ターゲット欄ではtarget_1、スケジュール欄ではschedule_1を選択します。

3) ルールは拒否を選択します。

4) ステータスは有効にし、 保存をクリックします。

6. インターネット アクセス制御を有効にするにチェックを入れて制御を有効にします。

7. 許可 フィルタリング ルールによって指定されないパケットがデバイスを通ることを拒否します。をデフォルト フィルタリング ルールとして選択し保存をクリックします。

これにより特定のホストはスケジュールされた時間内にターゲットを訪問することはできませんが、他のウェブサイトは引き続きアクセス可能で、他のホストは影響を受けません。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

Recommend Products

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。