TP-Linkルーター スキルの使用方法

When You Set Up
Updated 11-21-2018 04:32:10 AM
対象製品: 

TP-Link ルータースキルとは

TP-LinkルータースキルとはAmazon Aleexaのカスタムスキルです。

対応製品はTP-Link SOHO向け Wi-Fi機器のAlexaへの対応状況に関してをご覧ください。

TP-Link ルータースキルで操作可能な機能は以下のとおりです:  QoS、ゲストネットワーク、LEDの操作、スピードテスト、WPS、おやすみモード

 

TP-Linkルータースキルの使い方

声をかけて操作をすることを“コマンド”と呼びます。以下のコマンドを使用すると対応した機能が利用可能です。

注: Alexaに認識をさせるためには必ずコマンドに “ティーピーリンク” と加えてください。

TP-Link ルータースキル コマンド

機能

公式コマンド

説明

対応機種

ゲストネットワーク

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってともだちが来る”

ゲストネットワークが有効になります。

Archer C5400X  (V1 Coming Soon)

Archer C5400  (V2)

Archer C3150  (V2)

Archer C4000  (V2 Coming Soon)

Archer A2600 (V1)

Archer A10 (V1)

Archer C2300  (V1)

Archer A2300  (V1)

Archer C9  (V3/V4 Coming soon)

Archer C7  (V4/V5 Coming soon)

Archer A7  (V5 Coming soon)

Archer C1200  (V3 Coming soon)

Deco M9 Plus  (V1 Coming soon)

Deco M5  (V1/V2)

Deco P7  (V1 Coming soon)

LED

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってLEDを点けて”

ルーターのLEDを点けます。

おやすみモード

“アレクサ、ティーピーリンクを使っておやすみモードをオンにして“

おやすみモードが有効になります。

“アレクサ、 ティーピーリンクを開いておやすみモードの設定を変えて”

おやすみモードの開始・終了時間を変更できます。

WPS

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってWPSをつけて”

ルーターのWPSが有効になり、WPSに対応したデバイスはワンタッチでWi-Fiに接続ができます。

Archer C5400X (V1 Coming Soon)

Archer C5400  (V2)

Archer C3150  (V2)

Archer C4000  (V2 Coming Soon)

Archer A2600 (V1)

Archer A10(V1)

Archer C2300  (V1)

Archer A2300  (V1)

Archer C9  (V3/V4 Coming soon)

Archer C7  (V4/V5 Coming soon)

Archer A7  (V5 Coming soon)

Archer C1200  (V3 Coming soon)

スピードテスト

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってスピードテストをして”

インターネット回線の速度を計測します。

Archer C5400X (V1 Coming Soon)

Archer C5400  (V2)

Archer C3150  (V2)

Archer C4000  (V2 Coming Soon)

Archer C2300  (V1)

Archer A2300  (V1)

Deco M9 Plus  (V1 Coming soon)

Deco M5  (V1/V2)

Deco P7  (V1 Coming soon)

QoS

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってゲームを優先させて”

ゲームに関するデータ通信を優先させます。

“アレクサ、ティーピーリンクを使って動画を優先させて”

動画に関するデータ通信を優先させます。

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってブラウジングを優先させて”

ウェブブラウジングに関するデータ通信を優先させます。

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってチャットを優先させて”

チャットに関するデータ通信を優先させます。

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってカスタムモードを優先させて”

カスタムした設定を優先させます。

“アレクサ、ティーピーリンクを使ってお気に入りのデバイスを2時間優先させて”

Tether/Decoアプリで設定したお気に入りのデバイスの通信を2時間優先させます。

注意:

多少の言葉の揺れがあっても動作をしますが、必ず"ティーピーリンクを開いて/使って"と付け加えてください。

Alexaを使用した際のボイスコマンド例です。あなたの話し方でスピーカーに話しかければたいてい動作します。ここではスピードテストを例に上げます。

Alexa対応スピーカーのそばで “アレクサ、TP-Linkを使ってスピードテストをして”と話してみてください。 

他にも:

アレクサ、TP-Linkを使って今のスピードを教えて;

アレクサ、TP-Linkを使って私のインターネット速度は?;

アレクサ、TP-Linkに今のインターネットスピードをチェックしたいと伝えて;