Year:
--  
Feb.2020
03

TBS 金曜ドラマ 「病室で念仏を唱えないでください」 に 法人向け無線LANアクセスポイント「EAP245」を美術協力しています

ティーピーリンクジャパンは、2020年1月17日(金)よりスタートした、毎週金曜 夜10時放送のTBS系ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」に、法人向け無線LANアクセスポイント「EAP245」を美術協力しています。

ビッグコミック増刊号で現在も連載中の「病室で念仏を唱えないでください」(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)を原作とした本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマです。その舞台となる病院施設内の美術セットとして弊社無線LANアクセスポイント「EAP245」が採用されています。

                          

※ドラマ撮影セット写真:EAP245は、天井や壁などに設置が可能で、白を基調としたデザインのため、設置施設にも溶け込みやすいのが特徴。

 

【製品紹介】

 ■『EAP245』 

ライセンス費用は一切必要無し!業界最安級のWi-Fiソリューション

『EAP245』は、高速無線LAN規格「11ac」 に対応、最大1750Mbps(5GHz /1300Mbps、2.4GHz /450Mbps)のWi-Fi 速度を実現したアクセスポイントです。有線LANはギガビットイーサネットに対応しています。インテリアの邪魔にならない薄型設計で、PoE(802.3af)給電ポート搭載でAC電源不要なので、場所を選ばず設置することが可能です。

 

 ■ハードウェアコントローラー OC200 の使用で一括管理が可能 

施設内に『EAP245』を複数台設置した場合、TP-Linkが提供するハードウェアコントローラー OC200を使用することで、一括管理をすることが可能です。

障害発生時も機器の状況を監視して確認することが出来るので、トラブルにもいち早く対応することができます。

他社のサービスでは、接続台数により追加料金が発生する場合もありますが、TP-Linkでは接続台数が増えても追加料金は一切必要ありません。大規模な施設に、低コストで快適なインターネット環境を提供することが可能です。ハードウェアコントローラー OC200

 

■キャプティブポータルで効率的なゲスト認証が可能

キャプティブポータル機能を搭載しており、認証ページでWi-Fi利用者の認証を手軽に行えます。また、認証ページはカスタマイズ可能で、管理者が自由にデザインを変更出来ます。広告を表示したり、クーポンを提供するなど、認証画面を様々な用途にご利用いただくことが可能です。

■バンドステアリング機能搭載

2.4GHz帯と5GHz帯の状態を比較し、混雑を避けより快適な周波数帯に自動で切り替える、バンドステアリング機能を搭載。多数のデバイスを接続しても、スピードが落ちることなく、スムーズなWi-Fi環境をご利用いただけます。

■安心の5年保証!

『EAP245』は5年保証で、ご利用者様をサポート致します。オフィスだけでなく、ホテル、サロン、レストラン、学校など、様々な場所で安心してご利用いただける製品となっております。

■今後はメッシュ機能対応予定

メッシュ技術の搭載により、APの設置がさらに柔軟に実現が可能となります。

SubscriptionTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。