Archer AX20

新製品

AX1800 デュアルバンド Wi-Fi 6 ルーター

  • デュアルバンド Wi-Fi 6: より高速、より大容量で、より混線に強くなったWi-Fi 6対応ルーターです。
  • 1.8 Gbps 高速Wi-Fi: モタつくことなくNetflixもゲームもダウンロードもサクサクできる1.8 Gbpsの高速Wi-Fi。
  • たくさん繋がる: Wi-Fi 6の目玉であるOFDMAにより、同時に複数の端末と待機時間無しで通信が可能になりました。§
  • 処理能力抜群クアッドコア: 1.5 GHz クアッドコア CPUがルーターと接続端末間の通信を滞りなくスムーズに行います。
  • 遠くまで届く: 独立したFEM×4つのアンテナ×ビームフォーミングを掛け合わせて遠く離れた端末とも安定して通信を行います。
  • バッテリーも節約します: TWT(Target Wake Time)技術によって、 Wi-Fi接続している端末の消費電力を削減し、バッテリーの持続時間を向上します。
  • USBポート搭載: ルーター背面のUSB 2.0ポートにUSBストレージを繋ぐことで、個人用クラウドを形成できます。
  • アプリでかんたん設定: TP-Linkの専用アプリTetherで設定・管理をまとめて行えます。
  • 従来規格にも対応: これまで使っていたWi-Fi端末とも下位互換性があるので、問題なく利用できます。
  • ところで、Wi-Fi6ってなんだ?

次世代のWi-Fiへ
ようこそ

AX1800 デュアルバンド
Wi-Fi 6 ルーター

Archer AX20

もっと速くて、もっと繋がる
もっとサクサク

  •  

    デュアルバンド
    Wi-Fi 6

  •  

    両バンド合計1.8 Gbps

  •  

    たくさん繋いでも
    モタつかない

  •  

    クアッドコア CPU

  •  

    省エネ

  •  

    セキュリティ強化

Wi-Fi 6は全面的に改良しました

この新しいWi-Fi規格では、通信速度だけでなく低遅延化・接続可能台数の増加・複数端末との同時通信など全面的なアップデートを行いました。

Wi-Fi 6とは >>

両バンド合計1.8 Gbps

より高速になったWi-Fiがすべてのアクティビティをスムーズに処理します。2.4 GHzと5 GHzともに新規格に対応しているので映画やドラマを観たり、オンラインゲームや大容量ファイルのダウンロードなどもサクサク処理します。

  • Wi-Fi 4, 2.4 GHz
    40 MHz, 2×2
      300 Mbps
    Wi-Fi 6, 2.4 GHz
    40 MHz, 2×2
      574 Mbps

    90% 高速化

  • Wi-Fi 5, 5 GHz
    80 MHz, 2×2
      867 Mbps
    Wi-Fi 6, 5 GHz
    80 MHz, 2 ×2
      1201 Mbps

    40% 高速化

ソフトとハードで
Wi-Fiの飛距離もアップ

4本のアンテナと独立したフロントエンドモジュールがより遠くまで電波を飛ばし、加えてビームフォーミングが端末に集中的に電波を送るので安定した接続を確立します。

  •  

    ビームフォーミング

  •  

    独立FEM

  •  

    アンテナ × 4

 

たくさん繋いでも、
余裕で処理します

Wi-Fi 6で加わったOFDMAなどの新技術によって数十台の端末が動画を観たりやゲームをしていても同時に通信が可能です。

OFDMA

OFDMAは単一のスペクトルを複数のユニットに分割し、異なるデバイスが1つの伝送ストリームを共有できるようにして、効率を高め、遅延を減らします。

1.5 GHz クアッドコア CPU

遅延を最小化する
強力な処理性能

1.5 GHz クアッドコアの強力なCPUが高い負荷がかかる作業の真っ最中でも遅延を最小限に抑え、リンクをクリックするたびにモタモタすることはなくなります

一般的な 2×2 11ac ルーター

0.9 GHz

シングルコア CPU

Archer AX20

1.5 GHz

クアッドコア CPU

多様なコネクティビティ

  • USBで簡易NAS

    ネットワーク内でファイルの共有が
    かんたんに行えます。

  • 全ポートGiga対応

    速度と安定性が最優先な場合は
    有線LANポートをご利用ください。

USBポート  WAN ポート  LANポート × 4

WPA3—新レベルのセキュリティ

より強化された暗号化で守られたWi-Fiのパスワードと総当たり攻撃への対処も備えた新しい暗号化プロトコル WPA3に対応し、Wi-Fiネットワークの安全性をより強固にします。

 

かんたん設定&管理

分かりやすい「Tether」アプリや、より詳細なWeb管理画面のどちらからでもかんたんに設定できます。TetherはAndroidまたはiOS端末に対応しています。

「Tether」アプリに関する詳細はこちら

ワイヤレス
規格 Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度 AX1800
5 GHz: 1201 Mbps (802.11ax)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
Wi-Fi範囲 4LDK
4× 高性能固定アンテナ
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーします

ビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します

高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能 高(High)
デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てます

OFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信します

エアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます

4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます
動作モード ルーターモード
ブリッジモード
ハードウェア
プロセッサー 1.5 GHzクアッドコアCPU
有線ポート 1× ギガビットWANポート
4× ギガビットLANポート
USB対応 1× USB 2.0 ポート

対応パーティション形式:
NTFS, exFAT, HFS+, FAT32

対応機能:
Apple Time Machine
FTPサーバー
メディアサーバー
ボタン WPS/Wi-Fiボタン
電源オン/オフボタン
LEDオン/オフボタン
リセット(初期化)ボタン
電源 12 V ⎓ 1.5 A
セキュリティ
Wi-Fi暗号化 WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ネットワークセキュリティ SPIファイアウォール
アクセスコントロール
IP & MACアドレスバインディング
アプリケーションレイヤーゲートウェイ
ゲストネットワーク 1× 5 GHz ゲストネットワーク
1× 2.4 GHz ゲストネットワーク
VPNサーバー OpenVPN
PPTP
ソフトウェア
プロトコル IPv4
IPv6
保護者による制限 URLフィルタリング
利用時間の制限
WANタイプ 動的IP
静的IP
PPPoE
PPTP
L2TP
QoS デバイスごとのQoS
クラウドサービス 自動ファームウェアアップグレード
OTAファームウェアアップグレード
TP-Link ID
DDNS
NAT転送 ポート転送
ポートトリガー
DMZ
UPnP
IPTV IGMPプロキシ
IGMPスヌーピング
ブリッジ
タグVLAN
DHCP アドレス予約
DHCPクライアントリスト
サーバー
DDNS TP-Link
NO-IP
DynDNS
管理 Tetherアプリ
Webブラウザ
Webエミュレータはこちら>
フィジカル
寸法 (W×D×H) 260.2 × 135.0 × 38.6 mm
パッケージ内容 Wi-Fiルーター Archer AX20
電源アダプター
RJ45 LANケーブル
かんたん設定ガイド
その他
システム要件 Internet Explorer 11+, Firefox 12.0+, Chrome 20.0+, Safari 4.0+, またはその他Java対応ブラウザ

ケーブルまたはDSLモデム

インターネット接続契約
認証 FCC, CE, RoHS
動作環境 動作温度: 0℃~40℃ (32℉ ~104℉)
保存温度: -40℃~70℃ (-40℉ ~158℉)
動作湿度: 10%~90% 結露を避けてください
保存湿度: 5%~90% 結露を避けてください
テストデータ
Wi-Fi送信電力 CE:
<20dBm(2.4 GHz)
<23dBm(5.15 GHz~5.25 GHz)
FCC:
<30dBm(2.4 GHz & 5.15 GHz~5.825 GHz)

*最大無線信号速度は、IEEE 802.11規格の仕様から導かれる物理速度です。 実際のワイヤレスデータスループットとワイヤレスカバレッジは、建築材料、物理的障害などの環境要因や近隣からの電波干渉、トラフィック量と密度、製品の設置場所、 ネットワークの複雑さ、ネットワークのオーバーヘッドや、定格性能、場所、接続品質、クライアント条件などのクライアントの制限によって左右される為、保証されるものではありません。

DL/UL MU-MIMOと1024QAMを利用するにはクライアント端末側もそれらに対応している必要があります。

電力消費の削減には、クライアント端末側も801.11axに対応している必要があり、実際の削減電力量はネットワークやクライアントなどの環境に大きく依存します。

§遅延の低下には、APとすべてのクライアントがOFDMAに対応している必要があります。

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States (English)?

Check products and services for your region.