Homepage > ブログ > “世界最速” Wi-Fi — Wi-Fi 7(最先端Wi-Fiイノベーションのご紹介)

“世界最速” Wi-Fi — Wi-Fi 7(最先端Wi-Fiイノベーションのご紹介)

By jesse.chen

WiFi 7とは?
旧規格との違いは?
どのように役立つの?
WiFi 7の発展においてTP-Linkが果たす役割とは?

ここではそんな様々な疑問にお答えします。

 

Wi-Fi規格の進化

32年前にIEEE 802.11の最初のプロジェクトが始動して以来、人々の繋がりは変化してきました。802.11n/WiFi 4(64-QAM)では初となる5GHzバンドとMIMOテクノロジーが導入され、その後WiFi 6・WiFi 6Eが登場。最新の6GHzバンドによりWiFi は飛躍的な進化を遂げました。

より高いネットワークパフォーマンスと、より応答性の高い接続環境によって、未来への次のステップを示しているWiFi 7。Qualcomm・Broadcom・MediaTek等、一部ベンダーではWiFi 7ソリューションのPRを始めています。

 

Wi-Fi 7とは?

「WiFi 7」は、IEEE 802.11be Extremely High Throughput(EHT)とも呼ばれる最新のWiFi規格です。

WiFi 7は、WiFi 6Eと同様に2.4GHz・5GHz・6GHz帯域で動作します。最先端テクノロジーによって320MHzのチャンネル幅・4096-QAM・16ストリーム・Multi-RU・MLO(Multi-Link Operation)が初めて導入されました。40Gbpsという劇的なピークデータレートに達し、WiFi 6/6Eの4倍以上、WiFi 5の約6倍となる速さを実現。これら機能がWiFi 6の50%という低遅延を提供し、伝送効率を向上させます。これまで以上に大きなネットワーク容量でたくさんのデバイスが接続可能となり、混雑した環境でもより信頼性の高いパフォーマンスを提供します。

PHY層の機能強化

  • より広い320MHzチャンネル:6GHz帯の320MHzチャンネルでは、160MHzチャンネルと比較してスループットが2倍に。帯域幅をめぐる競争や速度低下を減少させます。
  • 新たな4096-QAM変調方式:4096-QAMのより高い変調方式に対応。データレートはWiFi 6の1024-QAMよりも20%高速になります。
  • プリアンブルパンクチャリング:干渉を回避するためにスペクトルの重複部分を選択的に間引き、データが明確なチャンネルでのみ流れるようにすることができます。とりわけ混雑したネットワーク環境では大きな違いが現れます。

MACレイヤーの機能強化 — MLO

Multi-Link Operation(MLO)によって1台のデバイスで複数のバンドが利用でき、WiFi 6の7倍以上のアグリゲーションデータレートが実現できます。より高い信頼性・低遅延のような利点ももたらし、スムーズな動画ストリーミング・快適なオンラインゲーム・没入感の高いAR/VRに最適です。

 

旧規格との違いは?

 

Wi-Fi 4

Wi-Fi 5

Wi-Fi 6

Wi-Fi 6E

Wi-Fi 7

リリース年

2007

2013

2019

2021

2024(未定)

IEEE規格

802.11n

802.11ac

802.11ax

802.11be

最大通信速度

1.2Gbps

3.5Gbps

9.6Gbps

40Gbps

周波数帯

2.4GHz/5GHz

5GHz

2.4GHz/5GHz

2.4GHz/5GHz/6GHz

2.4GHz/5GHz/6GHz

セキュリティ

WPA2

WPA2

WPA3

WPA3

チャンネル幅

20MHz/40MHz

20MHz/40MHz/80MHz/(2×) 160MHz

20MHz/40MHz/80MHz/(7×) 160MHz*

最大320MHz

変調方式

64-QAM

256-QAM

1024-QAM

4096-QAM

MIMO

4x4 MIMO

4x4 MIMO, DL MU-MIMO

8x8 MU-MIMO

16x16 MIMO

特徴

•MIMOを採用

•160MHzチャンネルを採用
•5GHzバンドでより高速に

•4倍の容量
•1.25倍の高速化
•4倍のシンボル長
•160MHzチャンネル
•OFDMA, 8x8 MU-MIMO

•最新の6GHzバンドへ拡張
•より混雑・干渉が少なく&低遅延
•160MHzチャンネル×7*

•4096-QAMを新採用
•より広い320MHzチャンネル幅
•16ストリーム

•Multi-Link Operation

*FCCは、6GHz帯域で1200MHz(160MHz×7)のスペクトルを開放し、米国でのWiFi 6Eへの道を開きました。EUでは480MHz(160MHz×3)が開放されています。なお2022年6月現在、日本では6GHz帯域の利用は許可されていません。

 

次世代Wi-Fiが持つ意味とは?

お持ちのWiFi デバイスが増えたことで困っていることはありませんか?
大量のトラフィックのせいでデバイスの通信がもたついたり、遅くなったりしていませんか?
2.4GHzと5GHzの混雑や近隣からの干渉を感じていませんか?

WiFi 7はこれら全てのお悩みを解決し、日々のネットワークパフォーマンスを新しいレベルへと引き上げます。8Kのメディアストリーミング・大容量ファイルの転送・AR/VR・クラウドコンピューティング・リモートワーク・オンライン会議等、様々なユースケースに最適です。

TP-LinkはWiFi 7の先駆けとなり、これからもワイヤレスネットワークテクノロジーのベストプロバイダーの1つであり続けていきます。

今後のアップデートに是非ご期待ください。

TP-Link WiFi 7の詳細はこちら>>

 

 

お問い合わせ:pr@tp-link.com(英語のみ)

本記事で提供される全情報は、予告なしに変更される場合があります。 TP-Linkは、TP-Link Corporation Limitedの登録商標です。全ての商号は各所有者の所有物です。

jesse.chen

TP-Link Editorial Group

おすすめ記事

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。