EAPのセカンドポートにPVID/VLAN IDを設定するには

設定ガイド
更新済み05-30-2022 10:08:38 AM 7819
対象製品: 

ここでは、EAP-Wallシリーズを対象としています。シーリングEAPシリーズなどのセカンドポートはブリッジポートとなり、VLAN設定に対応しません。

 

例えば、複数のVLANを設定しているスイッチがあり、スイッチに接続するEAPに対応するVLANを設定する必要があるとします。 ネットワークトポロジーは Gateway---Switch-----EAP-Wall series 製品だとし、フロントデバイスのVLAN は10です。こういった場合、下記手順でEAPに必要なPVIDを設定できます。

1) Devicesから設定する EAPを選択します。 次に Config > Advanced からプロパティウィンドウを開きます。

 

2) 設定するバンドを 2.4GHz or 5GHz, から選び。対応するイーサネットポートにVLAN ID/PVIDを設定します。ここではETH1ポートを例にします。 手順としては、まずVLANをEnableにし、続けて設定するVLANの値を入力し、Applyをクリックします。

ここでは、上位のスイッチがVLAN10であることを例としていますので、ポートのPVIDは10としています。また、VLAN10はUntaggedであり、VLANはtaggedです。

ネットワークのVLAN設定が異なる場合、当然ながら対応するVLAN設定とする必要があります。例えば、VLAN20の通信をEAPに行わせる場合、VLANの値は20として設定します。

 

関連トピック

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

おすすめ製品

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。