The number of logs is up to the limit(ログの数が限界に達しています)というアラートが表示される場合

トラブルシューティング
更新済み07-05-2022 02:24:13 AM 10893
対象製品: 

本記事は、Omada SDN Controller v5.0以降にを対象としています。

The number of logs is up to the limit(ログの数が限界に達しています)というアラートが表示されることがあります。この記事では、アラートが表示される理由とその対処方法について説明します。

 

1.ログの最大数について

OC200の最大ログ数は11000件、OC300の最大ログ数は101000件です。

Omada Software Controllerの場合、最大ログ数は管理しているOmadaデバイスの台数に依存します。

管理しているOmadaの台数(仮にxとします)が100台を超えない場合、最大ログ数は150 * 31 * xとなり、100台を超える場合は、150 * 31 * 100 + 30 * 31 * (x-100) が最大ログ数となっています。

コントローラーのログ数が上限を超えると、The number of logs is up to the limitのアラートが表示されます。

 

2. どうすればよいですか?

Omada SDN Controllerは、最も古い10%のログを自動的に削除します。そのため、特に気にする必要はありません。

しかし、このようなアラートが頻繁に出る場合は、クライアントのローミングイベントが多く、多くのログが生成されている可能性があります。ログ]-[通知]で、通知設定を調整することができます。例えば、システムの「ログフル」通知や、クライアントの「クライアントローミング(ワイヤレス)」通知など、頻繁に発生するログタイプのチェックを外すことができます。

 

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

おすすめ製品

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。