Omada Controllerのcustomized portal web pageについて

適用要件
更新済み12-22-2021 11:01:04 AM 8957
対象製品: 

Omada Controllerのキャプティブポータル機能は、Simple Password, Hotspot, External RADIUS Serverなど、ネットワーク管理者向けに豊富なパターンをもちます。デバイスがキャプティブポータルを使用して無線LANネットワークに接続すると、ポータルページへリダイレクトし、ネットワーク認証を通過するようにデバイスのユーザーを促します。

 

Omada Controller は、ポータルページとして簡潔なビルトインの Web ページを提供しており、ユーザーはこのページに対して、背景画像の変更や文字の調整など、ニーズに合わせた簡単な変更を行うことができます。

しかし、場合によっては、TP-Linkが提供する Web ページのフレームワークが、お客様の要望にそぐわない場合があります。そこで、Omada Controller では、カスタマイズした Web ページをポータル ページとして取り込む機能をサポートしています。

 

すべてのポータルのパターンがカスタマイズポータルページをサポートしています。ポータルタイプが外部ポータルサーバーの場合、ポータルページは外部のWebサーバーから提供されるため、すでにカスタマイズされていると考えられます。他のタイプのポータルを設定する場合は、ポータルのカスタマイズの項目で、「Import Customized Page」のタイプを選択し、Webページファイルをインポートすると、あなたのWebページがポータルのランディングページとなります。

 

この機能を使う際の注意点

  1. Web ページのバックエンドは Controller のデータベースとリンクしているため、ページ上でユーザーが送信したデータが Controller に渡されるようにする必要があります。そのためには、TP-Linkが提供している Web ページのテンプレートを参照する必要があります。テンプレートのダウンロード」をクリックして行ってください。
  2. Controller は、単一の HTML ファイルだけでなく、画像などページが必要とする静的なリソースを置くことができる zip ファイルのインポートにも対応しています。(zip ファイルのインポートに失敗した場合は、Controller のファームウェアをバージョンアップしてください。)
  3. HTML ファイルをインポートする場合、外部の静的リソースを参照することはできません。zip パッケージをインポートする場合、ポータルページは zip 内のリソー スしか参照できませんので、相対パスが使用されていることを確認してください。
  4. zip パッケージでインポートさせる場合では、Controller が正しく認識できるようにメインページには "index.html" という名前を必ず付ける必要があります。

Related FAQs

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

Recommend Products

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。