Controller modeのOmadaゲートウェイのLANポートのVLAN設定について

設定ガイド
更新済み10-08-2021 10:06:32 AM 16229
対象製品: 

ここでは、Controller modeのOmadaゲートウェイのLANポートのVLAN設定を紹介します。これは、Omada以外のスイッチの接続に役立ちます。

:LANポートはOmadaGateway上のイーサネットポートを示し、デフォルトネットワークはLANという名前も付いています。 曖昧さを避けるために、ここでは「デフォルトネットワーク」を「LANネットワーク」として紹介します。

例えば、次のように3つのネットワークがあるとします。

 

 

Network Name

IP

VLAN ID

LAN Port

LAN (Default)

192.168.0.1/24

1

All

Guest

192.168.10.1/24

10

WAN/LAN2

Staff

192.168.20.1/24

20

WAN/LAN2, WAN/LAN3

 

そして、全てのLANポートのVLANコンフィグは下記表のとおりとします。

Port

WAN/LAN2

WAN/LAN3

LAN

VLAN

1

10

20

1

20

1

VLAN Tag

Untagged

Tagged

Tagged

Untagged

Tagged

Untagged

PVID

1

 

概要:OmadaGatewayのすべてのLANポートはdefault networkにあり、そのnative networksもdefault networkです。つまり、これらのポートのPVIDはdefault networkのVLANIDと同じです。 default networkのVLANIDはカスタマイズできます。必要に応じて、default networkを管理VLANとして使用することを推奨します。

新しいVLAN Interface/Networkを作成するときにLANポートを追加すると、そのポートはVLANTagを使用してこのネットワークからのデータを転送できます。 また、ネットワーク要件に応じてスイッチおよびEAPのポートを設定できます。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

おすすめ製品

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。