TP-Link Business Wi-Fi製品のFast Roaming機能とは

機能説明や仕様などのQ&A
更新済み12-09-2021 07:47:37 AM 156036
対象製品: 

高速ローミングは、Wi-Fiクライアントが、より強いWi-Fi信号を得るために、あるAPから別のAPに素早く接続を切り替えて、Wi-Fi体験を向上させるとともに、接続するクライアント数を調整することで、各APの負荷を最適化する機能です。

802.11k、802.11v、802.11rは、いずれもワイヤレスクライアントがよりシームレスなローミングを体験できるように設計された規格です。

 

  • 802.11kでは、APがWi-Fiクライアントのネイバーレポート要求に応答することで、クライアントが周囲のRF環境をよりよく理解できるようになります。その結果、より強い信号を選択したり、周囲のWi-Fiをスキャンする時間を短縮したり、より良いローミングを実現することができます。
  • 802.11vでは、APはWi-Fiクライアントのネイバーレポート要求に応答するだけでなく、クライアントの接続品質を評価し、無線クライアントがより良いWLAN体験を提供する最適なAPにローミングするように指示し、AP間の負荷を分散します。
  • 802.11rでは、無線認証の時間が短縮され、WPA2-PSKやWPA2-Enterpriseの暗号化方式に適しています。

注意:

802.11k/v/rは、無線クライアントが802.11k/v/rをサポートしている場合にのみ有効です。

ローミング機能はOmadaコントローラーにて処理されます。OC200、Omadaコントローラ、Omada APPを介して、高速ローミングを有効/無効にすることができます。もしOmada ControllerやOC200が誤ってシャットダウンされた場合、高速ローミング機能は停止します。

 

今のところ、シームレスローミング機能を持つTP-Link EAPは、802.11k/v Fast Roaming機能をサポートしています。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

おすすめ製品

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。