TP-Link EAP/CAP のAirtime Fairness(エアタイムフェアネス)機能とは

機能説明や仕様などのQ&A
更新済み12-09-2021 08:08:41 AM 230024
対象製品: 

エアタイム・フェアネスの必要性とは?

従来、携帯電話やノートパソコンなどの機器が同じWi-Fi信号に接続されている場合、データの送受信の機会を奪い合う必要がありました。このような状況では、送信速度の遅いレガシー機器がチャンスを得ると、データの送受信に長い時間がかかります。その間、他の速いデバイスは、遅いデバイスが送信処理を終えるまで待たなければなりません。このような状況を踏まえ、レガシーデバイスに与える時間を短縮し、高速デバイスがより長い時間データをダウンロードできるようにするとにより、ネットワークの全体的な容量が大幅に増加します。このような目的を達成するために、エアタイム・フェアネス機能が追加されました。

エアタイム・フェアネスの仕組みは?

エアタイム・フェアネス機能は、TDMA技術(Time Division Multiple Accessの略)に基づいています。これは、Wi-Fi信号を多数の同じタイムスロットに分割し、各Wi-Fiデバイスが順番に自分のタイムスロット内でインターネットからデータを送信または受信するというものです。このようにして、Wi-Fiの容量と効率を向上させることができます。

上述のように、エアタイム・フェアネスがないと、低速のクライアントは同じデータを転送するのに多くの時間を必要とし、Wi-Fiの効率がおおきく低下します。

同じWi-Fiに2つの異なる速度のクライアントを接続した場合、以下のテスト結果は、エアタイム・フェアネスの改善を示しています。

エアタイム・フェアネスが無効の場合、802.11gクライアントのダウンロード速度は28.075Mbps、802.11nクライアントは18.521Mbpsとなります。

しかし、エアタイムフェアネスを有効にすると、802.11gクライアントのダウンロード速度は12.214、802.11nクライアントのダウンロード速度は116.538Mbpsとなり、大幅に改善されます。Wi-Fiの全体的なスループットは3倍(46Mbpsから128Mbps)になりました。

 

どのTP-Link製品がAirtime Fairnessに対応していますか?この機能を有効にするには?

現在のところ、EAP225-Outdoor_V1、EAP320_V1&V2、EAP330_V1&V2、CAP1200_V1がエアタイム・フェアネス機能をサポートしています。この機能は、製品のワイヤレス詳細設定で確認し、有効にすることができます。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

おすすめ製品

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。