Pharos Series 製品でのOperation Mode について

設定ガイド
更新済み12-09-2021 09:26:41 AM 73046
対象製品: 

TP-LinkのPharosシリーズ製品は、ユーザーのネットワーク要件を満たすために、アクセスポイント、クライアント、リピータ、ブリッジ、APルータ、APクライアントルータ(WISPクライアント)モードの6つの動作モードをサポートしている。それぞれのモードの特徴とアプリケーションシナリオを以下に紹介します。

  1. アクセスポイント

アクセスポイント(AP)モードは、有線接続を無線接続に変換するために使用されます。APモードでは、デバイスはセントラルハブとして機能し、無線クライアントに無線アクセスポイントを提供します。

  • 使用例

 

  • ネットワーク要件

キャンパス、コミュニティ、工業団地、その他の公共の場所で、有線ネットワークしか利用できない場合、ユーザーにワイヤレスアクセスを提供するためにワイヤレスネットワークのカバレッジを確立します。

 

2.クライアント

クライアントモードは、無線接続を有線接続に変換するために使用されます。クライアントモードでは、デバイスはワイヤレスアダプターとして機能します。ルートAPまたはステーションからのワイヤレス信号を受信して、ユーザーに有線ネットワークを提供します。

  • 使用例

 

  • ネットワーク要件

スマートテレビやメディアプレーヤーなど、有線ネットワークにしか対応していない機器を無線ネットワークに接続します。

 

3.リピータ
リピータモードは、既存の無線ネットワークの無線通信範囲を広げるために使用します。デバイスのSSIDと暗号化タイプは、ルートAPのものと同じである必要があります。

  • 使用例

 

  • ネットワーク要件

ワイヤレス接続で2つのネットワークを結合したいが、その距離がネットワークのワイヤレス適用範囲を超えている場合、経路に沿って1つまたは複数のデバイスをリピータモードにすることで、ワイヤレス信号を繰り返し、ワイヤレス伝送範囲を拡張することができます。

注意

ブリッジ/リピータモードのデバイスのワイヤレス信号は、通常、他のモードのものよりも弱くなります。ブリッジ/リピータモードのデバイスの代わりに、クライアントモードとアクセスポイントモードのデバイスをそれぞれ2台使用することをお勧めします。

4.ブリッジ

ブリッジモードは、既存のワイヤレスネットワークのワイヤレスカバレッジを拡張するために使用されます。デバイスのSSIDと暗号化タイプは、ルートAPのものとは異なることがあります。

  • 使用例

 

  • ネットワーク要件

ワイヤレス接続で2つのネットワークを結合したいが、その距離がネットワークのワイヤレス適用範囲を超えている場合、経路に沿って1つまたは複数のデバイスをブリッジモードにして、ワイヤレス信号を繰り返し、ワイヤレス伝送範囲を拡張することができます。ユーザーは、ルートAPのものとは異なるSSIDと暗号化タイプを使用してネットワークにアクセスできます。

注意

ブリッジ/リピータモードのデバイスのワイヤレス信号は、通常、他のモードよりも弱くなります。ブリッジ/リピータモードのデバイスの代わりに、クライアントモードとアクセスポイントモードのデバイスをそれぞれ2台使用することをお勧めします。

5.APルーター
AP ルーターモードのデバイスは、通常の家庭用ワイヤレスルーターとして機能しますが、ワイヤレスネットワークの範囲が広くなります。PPPoE、L2TP、PPTP、ダイナミックIP、スタティックIPで有線ネットワークに接続し、クライアントに無線アクセスを提供することができます。

  • 使用例

 

  • ネットワーク要件

キャンパス、コミュニティ、工業団地、その他の公共の場所で、有線ネットワークしか利用できない場合、ワイヤレスネットワークの範囲を確立して、ユーザーにワイヤレスアクセスを提供します。アクセスポイントモードとは異なり、APルータモードのデバイスは、ルータなしでモデムに直接接続できます。

6.APクライアントルーター(WISPクライアント)
AP Client Routerモードは、WISP(Wireless Internet Service Provider)が提供するインターネットに無線接続でアクセスするために使用します。下流のクライアントにとっては、本機は通常の家庭用無線ルーターとして機能し、有線接続と無線接続を同時に行うことができます。

  • 使用例

 

 

  • ネットワーク要件

WISPからインターネットサービスを受けたい場合は、本機をAPクライアントモードに設定します。本機は、PPPoE、L2TP、PPTP、ダイナミックIP、スタティックIPを介して上流のデバイスにワイヤレスで接続し、ユーザーに有線接続とワイヤレス接続の両方を提供します。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

Recommend Products

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。