テストモードとは

機能説明や仕様などのQ&A
更新済み12-09-2021 06:25:26 AM 41550
対象製品: 

テストモードとは

テストモードは、PharosデバイスのWi-Fiカバレッジを拡張することができるリージョンオプションです。選択された地域では、地域の法律や規制に従って、利用可能なチャンネルと最大送信電力が決定されます。テストモードを選択すると、地域の法令で制限されているよりも広い周波数範囲と高い送信電力を利用できます。

例えば、CEの規制により、2.4GHzデバイスは2412MHzから2472MHzのワイヤレスチャンネルでのみ動作するようになっています。テストモードを有効にすると、無線チャネルは2312MHzから2572MHzまで拡張できます。

テストモードとCE/FCC規制の比較は以下の通りです。

 

Region

Channel

Max Transmit power

2.4GHz

5GHz

2.4GHz

5GHz

Test Mode

2312MHz~2572MHz

53 channels

4920MHz~6100MHz

237 channels

CPE210

27dBm

CPE510

23dBm

CPE220

30dBm

CPE520

27dBm

FCC

2412MHz~2462MHz

11 channels

5180MHz~5240MHz

5745MHz~5825MHz

9 channels

CPE210

27dBm

CPE510

23dBm

-

-

CE

2412MHz~2472MHz

13 channels

5500MHz~5700MHz

11 channels

CPE210

11dBm

CPE510

17dBm

-

-

テストモードはどのような状況で使用するものですか?

非標準のチャンネルや大きすぎる送信電力は、現地の法律や規制に違反する可能性があります。そのため、テストモードは、現地の法律や規制の制限を受けない場合にのみ使用できます。

テストモードに対応しているPharos製品は?

テストモードをサポートしているのは、UNバージョンのPharos屋外製品のみです。CE/FCCの規制により、設定ページでテストモードがロックされているEU/USバージョンのデバイスでは、テストモードの地域オプションを変更することはできません。JPバージョンでも使用できません。

このFAQは役に立ちましたか?

サイトの利便性向上にご協力ください。

Recommend Products

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

お住まいの地域の製品やイベント・サービスを確認する。