WiFi6802.11ax想像を超えるビジネスWiFiを

効率・容量・性能をパワーアップ

Omada SDNに統合された
TP-Linkの強力な WiFi 6 (802.11ax)シリーズ

WiFi 6が求められるワケは?

  • ワイヤレスデバイスの需要拡大
  • 帯域幅要件の増加
  • AP間のより大きな干渉
                         

WiFi 6がもたらすものとは?

  • より大きな容量:

       

    UL/DL MU-MIMO

       

    OFDMA

  • より良い性能:

       

    1024-QAM

       

    長いOFDMシンボル

  • より高い効率:

       

    BSS Coloring

       

    Target Wake Time

 
より大きな容量
 
より良い性能
 
より高い効率

より多くのデバイスと
同時接続可能に

——MU-MIMOのアップリンク&ダウンリンク

802.11axは、802.11ac MU-MIMOと比較して4x4から8x8に拡張され、アップロードとダウンロードの両方で処理ができます。アップリンクとダウンリンクに8x8 MU-MIMOを備えた802.11axアクセスポイントは、高密度環境下で提供できる容量が従来のSU-MIMO(シングルユーザーMIMO)と比べて最大4倍となり、より多くのデバイスの同時接続を実現。ビジネスの成長に合わせてネットワーク容量も拡大させることが可能です。

接続可能デバイス  1000  台以上

OFDMAによる効率アップ

WiFi 6では、OFDMAを使用してチャンネルをより効率的に使用し、遅延を減らします。 WiFiをルーターから各端末までデータを運ぶトラックとして考えてみましょう。 802.11acでは、各トラックが1つの荷物を1つのデバイスに配送するだけでしたが、OFDMAを使用すると、各トラックで複数の荷物を複数のデバイスへ同時に届けることができます。これはアップロードとダウンロードの両方で機能し、通信の効率が大幅に改善されます。

  • 待機中
    クライアント 2
    待機中
    伝送データ

    802.11ac | OFDMAなし

  • クライアント 1
    クライアント 2
    クライアント 3
    伝送データ

    802.11ax | OFDMAあり

1024-QAM
一度により多くのデータを

256-QAMと比べて25%高速

1024-QAMでは、各シンボルが8ビットではなく10ビットを伝送し、802.11ac 256-QAMと比較して元の速度を25%向上させます。 Netflixの視聴やライブストリーミング等がよりスムーズに行えます。

10 bits/シンボル
8 bits/シンボル
速度が向上
Frequency f
Frequency f
11ac: 3.6 μsに256のサブキャリア
(0.4 μs GI)
11ax: 13.6 μsに1024のサブキャリア
(0.8 μs GI)
  802.11ac (Wi-Fi 5) 802.11ax (Wi-Fi 6)
データサブキャリア数 234 980
シンボル長 (μs) 3.6 (3.2 symbol + 0.4 GI) 13.6 (12.8 symbol + 0.8 GI)
有効データサブキャリアレート 65 72.05882
改善   1.108597
* 各シンボル80 MHzチャンネル

より広範囲・高速に

4倍のOFDMシンボル長

OFDMはデータ送信のシンボルであり、データを細かなサブキャリアに分割することで安定性の向上と、より広範囲なWiFi接続を可能に。802.11axでは4倍のOFDMシンボル長で4倍のサブキャリアを作り出します。それにより、WiFi6の長いOFDMシンボルが範囲を広げ、速度を11%向上させます。

企業におけるWiFi干渉を最小限に

BSS Coloring

システム容量をさらに増やし、同一チャンネルの干渉を減らすために、802.11axには新しいBSS ColoringとSpatial Reuse技術が追加されました。各APにColorを設定して隣接するAP同士を区別し、Colorを識別することでワイヤレスチャンネルリソースの伝送効率をさらに向上させます。 またチャンネルの空間再利用が実装されており、オフィス・レストラン・ショッピングモール等の高密度環境下におけるネットワークパフォーマンスと容量を大幅に改善できます。

  • no interferance 干渉なし
  • interferance 干渉あり

· 同一チャンネルを全てブロック

· 同一チャンネルの同じColorのみをブロック

伝送中
スリープ
スリープ
待機中
待機中
伝送中

接続端末の
消費電力を削減

Target Wake Time

Target Wake Time(TWT)機能が、クライアント端末がデータを送信または受信するためにいつ、どのくらいの頻度で起動するかを調整します。これによりデバイスのスリープ時間が増え、モバイルやIoTデバイスのバッテリ寿命が大幅に向上します。

TP-Link WiFi 6対応製品

  •  
    EAP660

    EAP660 HD

  •  
    EAP620

    EAP620 HD

  •  
    Coming
    Soon...

    今後もWiFi 6対応を製品リリース予定

ニュース&オファーTP-Linkはプライバシーを重要視しています。TP-Linkのプライバシーポリシーは TP-Link's Privacy Policyを御覧ください。

From United States?

Check products and services for your region.