デュアルバンド対応無線LAN中継器のハイスピードモードへの変更の仕方

User Application Requirement
Updated 02-15-2018 03:33:05 AM
対象製品: 

注意:RE450をこちらでは例として使用します。

通常無線LAN中継器は2.4GHzと5GHzをそれぞれ半分ずつを、ルーターと中継器間・中継器と各端末間に割り当てて通信をします。

そのため理論値の表示からさらに半減させての通信となる為、速度に不満がある場合は以下の様な形で利用することで高速の通信が可能となる場合があります。

パターン1:ルーターと中継器を2.4GHzで接続し、デバイスと中継器は5GHzで接続する

パターン2:ルーターと中継器を5GHzで接続し、デバイスと中継器は2.4GHzで接続する
 

こちらでは、RE450を使用してハイスピードモードの設定方法をご案内致します。
 


1.ドメイン名またはIPアドレスを利用しRE450の管理画面にアクセスします。
メイン名:tplinkrepeater.net

IPアドレス: 192.168.0.254になります。

注意:こちらのFAQは管理画面にアクセスするためにご利用ください。

どのようにレンジエクステンダー(中継器)の管理画面にIPアドレスやドメイン名を利用してアクセスするかはこちらを参照してください。


デフォルト設定では、ユーザ名とパスワードは"admin"かご自身で設定されたパスワードを入力します。

その後、ログインをクリックしRE450の管理画面に入ってください。

 

 

2.設定→ワイヤレス→ネットワーク接続 

2.4Gネットワークのワイヤレススキャナーをクリックしてワイヤレスネットワークに接続してください。


また5Ghzのチェックを外し、5Gを介してルーターに接続出来ないようにします。


保存をクリックし、全ての設定を保存してください。
この設定で、RE450がメインルーターに2.4GHzのみで接続することになります。

.
3.設定→ワイヤレス→拡張ネットワーク→ 拡張 5Gを有効


保存をクリックし、全ての設定を保存してください。
この設定で、RE450が5GHzのみをクライアントとして発信する事になります。 


4.ステップ2とステップ3を行って頂くことで、設定が完了したことになります。※RE450がメインルーターに2.4Gで繋がり、ワイヤレスシグナルを5Gのみで発信していることになります。